サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『模倣犯』 宮部みゆき > 「このミス」完全読破 No.01 | トップページ | 『半落ち』 横山秀夫 > 「このミス」完全読破 No.03 »

2006年2月28日 (火)

『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午 > 「このミス」完全読破 No.02

このミステリーがすごい!」完全読破 No.02

 『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午

   「このミス」2004年版 : 1位

   受賞(候補) : 「日本推理作家協会賞」受賞
            「本格ミステリ大賞」受賞

   総合ランキング : 「本格ミステリ・ベスト・オブ・ベスト10(1997-2016)」 5位
              「1996-2005オールベスト「本格」ランキング」 6位
              「東西ミステリーベスト100(2012年版)」 36位

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 1位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 2位

   読始:2006.2.18 ~ 読終:2006.2.22

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2003年3月>

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)
歌野 晶午

文藝春秋 2007-05
売り上げランキング : 6644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この作品から、“「このミス」完全読破”の本格的スタートとなります!!

 とりあえず、“ミステリー”に対する定義付けを素人ながらにしてみますと、やはり“ラストでのアッと驚く種明かし”だと思うのです。その種明かしとは“犯人”とか“トリック”とか色々あるけれど、それでもこの“驚き”があるかないかが、“ミステリー”というジャンルに入るための関所の役割となるのではないでしょうか。

 それでこの作品なのですが、もう最後で思いっきり驚かされましたね。いや~騙された!しかもそれが“気持ちのいい騙されっぷりだったので、なぜだか逆に嬉しくなっちゃいました。

 最後の局面に向かい始めた頃に、“もしやこんなわかりやすい落ちだっりするの?”と不安になっただけに、その後の“今までの世界感が一変してしまう仕掛け”が、さらに引き立つことになったのかもしれません。


 それにしても、いきなり下ネタから始まるので、““「このミス」完全読破”の第1回作品の出だしがこんななのか......”とちょっと引いてしまっていたのですが、それさえも伏線の一部だったとは.......。

 あと、“このミステリっぽくないタイトルも伏線の一つ”という情報は事前に仕入れていたのですが、後半も後半に差しかかってもタイトルの意味がさっぱりわからなかったので、“もしやこのままわからず仕舞いという恥ずかしい結果になってしまうのでは.....”と少々心配しましたが、この仕掛けが明らかになったと同時に、タイトルが意味するものがはっきりとわかり、ホッとすると同時に、少し感動してしまいましたねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、自分なりの“ミステリの定義”が思う存分発揮されていたので、“「このミス」完全読破”の第1回作品としてはこれ以上ないものでした。

 そして、“これからも継続してミステリーを読んでいくぞ!!”と勢いづかせてくれたこともあり、評価は満点にしたいところなのですが、(すでに読んでいたNo.01「模倣犯」宮部みゆきは別として)最初の作品から満点を出してしまうと、今後の作品の評価が全体的に甘くなってしまうかもしれないので、それに“ミステリ初心者”なのでこの後どんな作品が待ちうけているのか全く予想できないので、一応星4つにしておいて、この作品を“最高傑作への壁”としようと思います。

 果たしてこの壁は、結果的には高かったのでしょうか低かったのでしょうか.......。

(後日追記)
 というわけでその後に何作か読んでみた結果、★5つの満点評価に変更することになりました。

(さらに後日追記)
 この記事を書いていた時は★5段階評価でしたが、その後に★10段階評価に変更しました。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★★★☆


  【 “歌野晶午”関連記事 】

  > No.786 「ずっとあなたが好きでした」
  > No.636 「コモリと子守り」
  > No.614 「舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵」
  > No.491 「春から夏、やがて冬」
  > No.481 「密室殺人ゲーム・マニアックス」

  > No.226 「密室殺人ゲーム2.0」
  > No.218 「絶望ノート」
  > No.092 「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」
  > No.050 「密室殺人ゲーム王手飛車取り」
  > No.002 「葉桜の季節に君を想うということ」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「半落ち」 横山秀夫

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『模倣犯』 宮部みゆき > 「このミス」完全読破 No.01 | トップページ | 『半落ち』 横山秀夫 > 「このミス」完全読破 No.03 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ