サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2005年5月 | トップページ | 2006年2月 »

2005年11月

2005年11月28日 (月)

「 そんな一日 」

 寒い夜をまじまじと見つめ、大きな群青色の朝陽を身体に浴び、刹那さの雄たけびを喜びの中に感じる。


 右の視線を気にすると、価値観の実体が、埋もれてしまった涙の通り道を鈍く浮かび上げ、感極まった表情を作り、光影を振り返る。


 見つめる先は、遥か遠く離れた場所ではあるが、考えようによっては焦点が合わないくらいに近過ぎる場所。


 妄想のベンチで居眠りするかのように、未だ来ぬ感動を口笛を吹きながら待ち侘びれば、深い闇の中に潜り込んで掴み取った現実は、緩やかでありながら淀みないものとなる。


 偽ることなく最初の心を解き放つと、とても小さな七色の香りが鼓膜に吹き込まれ、過去に見過ごしてきたトラウマを綺麗に彩り始める。


 全てを包み込んだまま、ゆっくりとゆっくりと空に舞い上って行くと、そこに見えるのは、優雅なる時の流れに身を任せ泳いでいる自分の姿。


 そんな一日。

« 2005年5月 | トップページ | 2006年2月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ