サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「08.B’z関連記事」の記事

2018年3月22日 (木)

「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 26位-50位 > B'z30周年記念企画

Goripaku7957_tp_v


 今年(2018年)、B'zが30周年を迎えます

 自分がB'zの歌を初めて聴いたのは1990年にレンタル店で借りた『EASY COME,EASY GO!』で、その時はまだファンというわけではなかったものの、その直後に発売されたアルバム『RISKY』の初回限定版が(当時の限定版CDはディスクケースを差し入れる紙パッケージ仕様が主流だった中)プラスチックのパッケージで、しかも中央が丸く空きそこからジャケットが見えるというカッコいい造りだったので、半ばジャケ買いのような感じで思わず購入

 あれから28年経った今でも第一線で活躍してくれているというのも凄いことですが、自分的にも28年もの間B'z好きの熱量が未だ変わっていないので、よくよく考えてみればこれは凄いことですよね....

 そして30周年という記念すべき年に、これまで発表されてきた作品を改めて聴き直す意味合いも込めて(20周年の時にも実施した)“個人的なB'zの好きな曲ランキング”を作ってみることにしたのですが、ただ「BLOWIN'」や「LOVE PHANTOM」や「ultra soul」などの代表曲やシングル曲に対して“何位にしようかな~”と考えるのも今更な感じがあるし、今となっては順位を付けようがないと思うのです

 なので今回は、2017年までに発売されたベストアルバムの収録曲(ベストアルバムというよりはB面&再録集といった感じの『B'z The"Mixture"』の収録曲は除く)、および2015年以降に発売されたシングル表題曲(配信シングル曲も含む)は対象外とし、それ以外の曲の中から個人的に好きな歌をランキング形式で発表してみましょう


 S:シングル収録曲  A:アルバム収録曲

 『』:収録CDのタイトル

 曲名のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 MV(Youtube) : Youtubeの公式動画へのリンク

 : iTunesへのリンク(無料で試聴可能)

 右下の数字 : 収録CDの発売日


 * 1位~25位のランキングは後日更新予定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

26位 A 愛と憎しみのハジマリ 愛と憎しみのハジマリ
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17
/ // /////////////// / /
27位 A Blue Sunshine Blue Sunshine
『GREEN』
MV(Youtube)
2002.07.03
/ // /////////////// / /
28位 S GUITAR KIDS RHAPSODY
CAMDEN LOCK STYLE
『愛しい人よGood Night...』
MV(Youtube)
  1990.10.24
/ // /////////////// / /
29位 A 一心不乱 一心不乱
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05
/ // /////////////// / /
30位 A 眩しいサイン 眩しいサイン
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
31位 A Gimme Your Love ~不屈のLove Driver~ Gimme Your Love
~不屈のLove Driver~
『RISKY』
MV(Youtube)
1990.11.07
/ // /////////////// / /
32位 A ACTION FRICTION -LAP 2-
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05
/ // /////////////// / /
33位 A Big Machine 儚いダイヤモンド
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17
/ // /////////////// / /
34位 A C'mon 命名
『C'mon』
MV(Youtube)
2011.07.27
/ // /////////////// / /
35位 A The Circle パルス
『THE CIRCLE』
MV(Youtube)
2005.04.06

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
36位 S 挑めよ儚いこの時に
『熱き鼓動の果て』
MV(Youtube)
  2002.06.05
/ // /////////////// / /
37位 A C'mon ザ・マイスター
『C'mon』
MV(Youtube)
2011.07.27
/ // /////////////// / /
38位 A EPIC DAY アマリニモ
『EPIC DAY』
MV(Youtube)
2015.03.04
/ // /////////////// / /
39位 A Gimme Your Love ~不屈のLove Driver~ FRIDAY MIDNIGHT BLUE
『RISKY』
MV(Youtube)
1990.11.07
/ // /////////////// / /
40位 A Green GO★FIGHT★WIN
『GREEN』
MV(Youtube)
2002.07.03

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
41位 A The 7th Blues WILD ROAD
『The 7th Blues』
MV(Youtube)
1994.03.02
/ // /////////////// / /
42位 A Run Out Of Control
『RUN』
MV(Youtube)
1992.10.28
/ // /////////////// / /
43位 A MONSTER MONSTER
『MONSTER』
MV(Youtube)
2006.06.28
/ // /////////////// / /
44位 S The Wild Wind
『HOME』
MV(Youtube)
  1998.07.08
/ // /////////////// / /
45位 S イチブトゼンブ/DIVE - EP National Holiday
『イチブトゼンブ/DIVE』
MV(Youtube)
2009.08.05

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
46位 A Loose キレイな愛じゃなくても
『LOOSE』
MV(Youtube)
1995.11.22
/ // /////////////// / /
47位 A Eleven コブシヲニギレ
『ELEVEN』
MV(Youtube)
2000.12.06
/ // /////////////// / /
48位 A BREAK THROUGH
『BREAK THROUGH』
MV(Youtube)
  1990.02.21
/ // /////////////// / /
49位 A Friends Ⅱ 傷心
『FRIENDS II』
MV(Youtube)
1996.11.25
/ // /////////////// / /
50位 A MONSTER 雨だれぶるーず
『MONSTER』
MV(Youtube)
2006.06.28

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> 「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 1位-25位


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2012年7月25日 (水)

B'z(配信限定アルバム) / B'z

 B'zの配信限定アルバム『B'z』が、本日(7月25日)にリリースとなりました。

 B'zの新作としては、配信限定シングル「Into Free -Dangan-」を除けば4月にシングル「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」が発売されたのみだったので、そろそろ今年2枚目のシングルかアルバムの発売告知でも出るかな~と思っていたところ、配信限定アルバムが発売されるということで、これには意表を突かれてしまいました。

 その内容ですが、記念すべきデビューアルバムと同じタイトルではあるものの1stアルバムとは全く関係なく、過去に発表した作品の英語詞リレコーディング集です。

 英語詞リレコーディング(リミックス)集といえば、『BAD COMMUNICATION』『WICKED BEAT』『MARS』と初期の頃にはミニアルバムとして発売されていたのでお馴染みなのですが、ミニアルバム自体1996年以降発売されていなかったので、懐かしいやら新鮮やらって感じです。

 それにミニアルバムは、今回のように完全なる新曲はなかったとしても、シングルともアルバムともまた違った魅力や楽しみ方があるので嬉しいですねェ(まあ今回は“ミニアルバム”扱いではないのですが)。

 収録作は、「Love Bomb(愛のバクダン)」「Splash」「Juice」「Ultra Soul」、そしてすでに配信していた「Into Free -Dangan-(さまよえる蒼い弾丸)」の5曲。

 いずれも歌詞が日本語から英語に変わっているという大きな変化があるものの、それ以上に聴き慣れたのとはまた違ったアレンジを楽しめましたし、こういう企画物アルバムだからこその魅力を味わうことができました。


 


 あと、ついでというわけではないのですが、TSUTAYAでは洋楽扱いでレンタル開始まで1年も掛かってしまうこともあって、キム・ヒョンジュンの「HEAT」も一緒にダウンロード。

 この歌はB'zの2人による楽曲提供&プロデュース作品で、キム・ヒョンジュンがB'zのCDを全部持っているほどの大ファンだということから実現したのだそうですが、B'zはほとんどB'zとしての活動とそれぞれのソロワークでしか活躍する姿を見れないだけに、こうやって他のアーティストとのコラボを通していつもとはまた違ったB'zを見れるのは嬉しいものです。

 そして楽曲自体も、ポップであり力強くB'zらしい歌でかなり良いのですが、ただ、B'zの音で、B'zのメロディー、そして稲葉さんのコーラスも聴こえてくるとなると、やはりどうせなら稲葉さんのボーカルで聴きたいな~と思ってしまうのですよねェ(キム・ヒョンジュンとしても前作「KISS KISS」タイプの歌の方がボーカル的に合っているような)。


 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月 4日 (水)

GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (CD+DVD)

GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-(初回限定盤)(DVD付)GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-(初回限定盤)(DVD付)
B’z 松本孝弘 稲葉浩志

バーミリオンレコード 2012-04-04
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “春の台風”ともいうべき大嵐の中、フラゲ日である4月3日(火)に、B'zの記念すべき50枚目のシングル「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」を購入してまいりました。

 それにしても、シングルなのにほぼ1,800円というのは、考えてみれば高すぎですよねぇ。ミニアルバムの「FRIENDS」が1,500円だったことを思えば余計に.....。

 ただそれはその分特典が豪華になっているということでして、特典DVDには「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」のMUSIC VIDEOに加えて、B'z 1DAY LIVE at SHIBUYA-AX(“アルバム「C'mon」封入の応募カード”および“ペプシネックスSUMMERキャンペーン”での抽選に当たった人のみが参加できた1夜限りのプレミアムライブ)のライブ映像が3曲(「さよなら傷だらけの日々よ」「イチブトゼンブ」「Liar! Liar!」)入っているのですね。


 それでまずはCD1曲目の「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」ですが、発売の1週間以上前からB'zのOfficial YouTube ChannelでMUSIC VIDEOをフルで観ることができ(GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (MV)参照)、何度も観て(聴いて)いたこともあって、新鮮味はあまりありませんでした。

 なので、発売前にYoutubeにMUSIC VIDEOをフルで上げてしまうのではなく、やはりしばらくはショートバージョンを上げるくらいの方がいいのではないかな~と改めて思ってしまいましたね。

 あとはやっぱりMUSIC VIDEOの映像的インパクトがかなりのものだったので、どうしても音だけだと物足りなさを感じてしまったりもしたのですが、それでも繰り返し何度も聴いていても全く飽きていないので、そのうちに物足りなさは消えてしまうでしょう。

 2曲目の「仄かなる火」は、切ないながらも力強く歌い上げるバラードですが、サビのメロディがある洋楽の歌のサビと同じように聴こえてしまったので、その時点で自分的にはちょっとイマイチ。

 3曲目の「流星マスク」は、爽快感と疾走感が溢れるポップな歌で、新たな環境が始まる今の季節に合った“元気をもらえるソング”といえるのではないでしょうか。

 というわけで、収録されている3曲がいずれもタイプが違っていることもあり、3曲を通してのバランスが良くて、ついつい繰り返し聴いてしまいますねェ。

 そしてさらに発売当日(4月4日)には、ワールドワイドリリースとなるゲームソフト「ドラゴンズドグマ」の主題歌「Into Free -Dangan-」「さまよえる蒼い弾丸」のリ・レコーディング英語詞バージョン)がiTunes Storeで配信スタートという嬉しい情報も急に入ったので(もちろんすぐにダウンロードしました)、しばらくはこの4曲をひたすら聴き続ける毎日が続くことでしょう.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」関連記事】

  > GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (MV) (12.3.26)
  > GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (CD+DVD) (12.4.4)


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年3月26日 (月)

GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (MV)


 B'zの記念すべき50枚目のシングルが、いよいよ4月4日に発売となります。

 タイトル曲は、ペプシネックスのCM曲としてすでにサビの部分だけはお馴染みなのですが、発売の1週間以上前にフルバージョンを聞くことができました。

 これまでの作品で発売前にフルで聴いたのは、スペースシャワーTVやMTVでPVを観たり店内に流れている有線放送でだったのに、今ではB'zのOfficial YouTube ChannelでフルMVを観れてしまうのですから、昔と比べれば凄いことだし有難いですよねェ。

 まあ、このMVは初回版の特典DVDにも入っているので、Youtubeに上げるのはしばらくはショートバージョンでよかったのではないかな~とも思ったり.....。


 それでCMでサビだけ聴いていた時には、まあCDで聴けば好きにはなるのだろうけれど、それほど期待度が上がるわけでもなかったのですが、このMVを観たら全く印象が変わってしまいました。

 サイケ的というのかレトロ的というか分かりませんが、そんなシンプルながらも派手な色彩をバックに、B'zの2人やバンドメンバーや女性が時に多重分身しながら暴れまくるように動きまわるので、初見のインパクトはもう絶大でしたからねェ(松本さんが歌っている所なんかは特に)。

 B'zのMV(PV)は、歌に反してあまりカッコいいとか凄いと感じることはほとんどなかったのですが、この曲のMVは本当にカッコよすぎで凄すぎで、“やっとB'zもこういったMVを作ってくれたか~”と嬉しくなってしまったくらいですから.....。

 なので、それまでよりもさらにCDやiPodでこの歌を聴いたり大画面でこのMVを観たりしたくなったので、4月3日(フラゲ日)が益々楽しみになってきましたねェ。


GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-(初回限定盤)(DVD付)GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-(初回限定盤)(DVD付)
B’z 松本孝弘 稲葉浩志

バーミリオンレコード 2012-04-04
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」関連記事】

  > GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (MV) (12.3.26)
  > GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (CD+DVD) (12.4.4)


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

Google AdSense

楽天市場

Twitter

「このミス」完全読破:       次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:       現在読書中の本

「このミス」完全読破:       最近読み終えた本

読書メーター

  • けんじ(朴念仁と居候)さんの読書メーター
無料ブログはココログ