サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「05.競馬(穴馬)予想」の記事

2019年8月18日 (日)

◎北九州記念&札幌記念(2019年)穴馬予想&結果


< 8月18日(日)に行われるテレビ西日本賞北九州記念(GIII)札幌記念(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレビ西日本賞北九州記念】


 小倉の芝1200mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、ダイメイプリンセスを◎にしてみましょう。

 アイビスサマーDを制して迎えた昨年のこのレースで2着に入り、続くGI・スプリンターズSも3着馬とクビ差の4着と大健闘したのですが、その後の5レースは掲示板にすら載れていません。

 とはいえ、オーシャンSとGI・高松宮記念こそ着順(10位以下)通りの大敗だったものの、シルクロードSは6着ながら3着馬と0.3秒差、OPの鞍馬Sは8着ながら3着馬と0.3秒差、前走のアイビスサマーDは6着ながら3着馬と0.2秒差と着順の印象ほど離されていませんでした。

 なので、2着に好走した昨年と同ハンデとなればここでの巻き返しもあるとみて、この馬に期待することに。


  ◎ ダイメイプリンセス / 秋山真一郎 (16)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16 ◎ ダイメイプリンセス  秋山真一郎 9
 2着 5     ディアンドル      北村友一  3
 3着 11    アンヴァル       藤岡康太  5
 4着 13    モズスーパーフレア 松若風馬  2
 5着 18    ミラアイトーン     浜中俊    1


 複勝なので3着以内にさえ入れば勝とうが3着だろうが同じなのですが、それでも9番人気の◎馬がこれほど見事に快勝してくれると気持ちが良いものですねェ。


  (○複勝:16 6.1倍)  ○的中!  1,000円 → 6,100円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【札幌記念】


 札幌の芝2000mで行われる重賞(GII)です。

 夏競馬で唯一のGIIということもあってスーパーGIIと呼ばれたりGIへの昇格が噂されるほどの重賞ですが、昨年の菊花賞&今年の春天を勝ったフィエールマンに、昨年のダービー馬・ワグネリアン、昨年の有馬記念覇者・ブラストワンピースが顔を揃えるという豪華メンバーとなりましたね。

 それでここは、3歳馬のランフォザローゼスを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った後は3レース連続2着(いずれも勝ち馬から0.2秒差以内)と勝てないながらも惜しい走りを見せている馬で、前走のGI・日本ダービーでは7着に敗れたものの3着馬とは0.2秒差だったので馬券圏内のチャンスは充分にあった内容でした。

 そして今回は初の古馬との対戦、初の洋芝と未知の要素が多いものの、GIを制している人気上位勢の間に割って入るのならば底を見せていない未知の馬の方が可能性はあるのではないかということで、この馬に期待することに。


  ◎ ランフォザローゼス / 藤岡佑介 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ブラストワンピース  川田将雅  3
 2着 10    サングレーザー    岩田康誠  4
 3着 9     フィエールマン    ルメール   1
 4着 12    ワグネリアン     福永祐一  2
 5着 11    ペルシアンナイト   M.デムーロ 5

14着 6  ◎ ランフォザローゼス  藤岡佑介  7


 ◎馬は終始後方の位置取りで結果最下位と全く良い所がありませんでしたが、まあ複勝最低オッズ1倍台の人気上位4頭で4着までを占めたので、穴狙い的には正解のないレースでしたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年08月  .>  2/10   20.0%  -800円   92.5%

☆19年通算   >  30/133  22.6% +8,220円  106.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ブリーダーズGC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スパーキングサマーC(2019年)穴馬予想&結果

2019年8月15日 (木)

◎ブリーダーズGC(2019年)穴馬予想&結果


< 8月15日(木)に行われるブリーダーズゴールドカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ブリーダーズゴールドカップ】


 門別のダート2000mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 お盆の交流重賞3戦目ですが、ここまでの2戦はどちらも外し、昨日の南関重賞も外しているので、最後のこのレースだけでも何とか当てたいところですね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、これを書いている時点ではオッズが出ていません。

 なので、オッズが出てある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


  ◎  / ()
  △  / ()
  △  / ()

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    アンデスクイーン  戸崎圭太  2
 2着 6     プリンシアコメータ 岩田康誠  1
 3着 2  ◎ ラインカリーナ    武藤雅    3
 4着 3  △ クイーンマンボ   M.デムーロ 4
 5着 9     ビスカリア      森泰斗    5


 ここに予想の追記をするのをすっかり忘れていたのですが、オッズ的に確実に3倍以上となりそうな中央馬(3~5番人気)の中からラインカリーナとクイーンマンボの2頭を選択。

 なのでラインカリーナも含めた3頭が横一戦となったゴール前では手に汗握ったものの、結局お盆の交流重賞は3戦全外しとなってしまいました...。


  (×単勝:11 3.0倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年08月  .>  1/8    12.5% -4,900円   43.0%

☆19年通算   >  29/131  22.1% +4,220円  103.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サマーチャンピオン&黒潮盃(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎北九州記念&札幌記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年8月14日 (水)

◎サマーチャンピオン&黒潮盃(2019年)穴馬予想&結果


< 8月14日(水)に行われるサマーチャンピオン(JpnIII)黒潮盃(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サマーチャンピオン】


 佐賀のダート1400mで行われる交流ハンデ重賞(JpnIII)です。

 お盆の交流重賞2戦目は、参戦する中央馬5頭全てが交流重賞初出走で、中央のダート重賞に出走しているのも1頭のみ(しかも4レース全て二ケタ着順)という新鮮なメンバーなので、荒れたうえで当てたいものですね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点ではオッズが分かりません。

 なので、オッズがある程度固まって来てから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、スマートレイチェルとヒザクリゲが2倍台の僅差で1番人気を争い、グランドボヌールが4倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 となると、オッズ的に1・2番人気馬は狙えないので、ここは素直にその他の中央馬3頭狙いでいってみましょう。


[ さらに追記 ]
 追記を書いた直後に、スマートレイチェルが1倍台に突入しそうなくらいに下がった代わりに、ヒザクリゲとグランドボヌールが3倍ちょうどくらいでほぼ横並びになるなど、オッズに大きな変動があったので、ここはヒザクリゲとシャインヴィットゥの2頭狙いにして、この後オッズが動いても変更はしないことにしました。


  ◎ ヒザクリゲ / 横山典弘 (2)
  △ シャインヴィットゥ / 田中勝春 (9)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    グランドボヌール   和田竜二 3
 2着 2  ◎ ヒザクリゲ       横山典弘 2
 3着 9  △ シャインヴィットゥ   田中勝春 4
 4着 1     スマートレイチェル  武豊    1
 5着 4     ハクユウスターダム 竹吉徹   6


 直線に入る前からグランドボヌールが手応え良く抜け出しそのままゴールに迫っていたので“あ~最初(レース30分前)の予想のままだったら当たっていたのにな~”と考えて始めていたところ、ヒザクリゲが猛烈な勢いで追い込んで来てゴール前で横並びになったので嬉しい驚きとなったのですが、残念ながらハナ差届いていませんでした....。


  (×単勝:10 4.4倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【黒潮盃】


 大井のダート1800mで行われる3歳重賞(SII)です。

 クラシックで馬券に絡めなかった組と、クラシック以外の路線で結果を出して来た組と、北海優駿2着の道営馬とが争う一戦なので、予想はかなりの難しさですね。

 それでここは、ヤマショウブラックを◎にしてみましょう。

 この馬は元道営&岩手馬で(岩手所属時は1戦のみ)、南関移籍後は3連続で馬券に絡み、その勢いで挑んだ南関クラシック第1戦・羽田盃では13番人気ながら掲示板に載る5着(上がりタイム2位)と健闘を見せました。

 続く南関クラシック第2戦・東京ダービーで10着となった後は、古馬相手の条件戦で1着→5着という結果なのですが、道営&岩手時代も含めて掲示板外となったのは15戦中ダービーでの1戦のみと相手なりに走れる安定感があります。

 それに、この馬を◎にすることを決めた後に“なんかこの馬名に既視感があるんだよな~”と思い調べてみたら東京ダービーの時にも◎にしていて(2か月前のダービーの◎を何の馬にしたのかすら覚えていないほどの記憶力なのです....)、やはり自分が◎にしたくなるタイプの(戦績の)馬なんだな~と改めて実感したので、もう迷うことなくこの馬に再度期待してみましょう。


  ◎ ヤマショウブラック / 赤岡修次 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    リンノレジェンド  岡部誠  2
 2着 7     グリードパルフェ  笹川翼  1
 3着 2     ホワイトヘッド   本橋孝太 4
 4着 3     ハルディネロ    真島大輔 6
 5着 1     アエノエンペラー  吉原寛人 3

 7着 4  ◎ ヤマショウブラック 赤岡修次 9


 これで◎馬は自分が◎にした2レースのみ掲示板外という哀しい結果となりましたが、複勝最低オッズが1倍台の馬だけで決まる穴狙い的に正解のないレースだったのでまあ仕方ないですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年08月  .>  1/7    14.3% -3,700円   50.0%

☆19年通算   >  29/130  22.3% +5,320円  104.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラスターC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ブリーダーズGC(2019年)穴馬予想&結果

2019年8月12日 (月)

◎クラスターC(2019年)穴馬予想&結果


< 8月12日(月・振)に行われるクラスターカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラスターカップ】


 盛岡のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 お盆の週は月~金の間に交流重賞が3レースに南関重賞が1レースも行われまして、これを全部外してしまうと大ダメージとなってしまうので、まず最初のこのレースを当てて気持ち的に楽になりたいところですね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点のオッズでは、1倍台のヤマニンアンプリメは狙えず、3倍ちょうどのコパノキッキングも微妙な感じになっています。

 ただこの後オッズが大きく動く可能性もありそうなため、念のためにオッズが固まって来てから最終予想を決めるとして、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ヤマニンアンプリメが1倍台、コパノキッキングが2倍台、ヒロシゲゴールドが5倍台、それ以降が20倍以上となっていました。

 となるとオッズ的にヤマニンアンプリメとコパノキッキングは狙えないため、ここは荒れやすい交流短距離重賞ということもあって多めに3~8番人気の6頭狙いでいってみましょう。


  ◎ ヒロシゲゴールド / 武豊 (6)
  △ ブルドッグボス / 御神本訓史 (2)
  △ ショコラブラン / 吉原寛人 (3)
  △ ノボバカラ / 松山弘平 (5)
  △ アシャカダイキ / 三浦皇成 (11)
  △ ラブバレット / 山本康志 (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ヤマニンアンプリメ 岩田康誠  2
 2着 6  ◎ ヒロシゲゴールド   武豊    3
 3着 9     コパノキッキング  藤田菜七子 1
 4着 11 △ アシャカダイキ   三浦皇成  7
 5着 2  △ ブルドッグボス   御神本訓史 6


 人気上位3頭は終始オッズの動きが激しくて、ヤマニンアンプリメも最終的には3倍近くまで上がっていたのですが、最終予想を決めたタイミングで3.0倍を少しでも越えていればこの馬を狙っていたのですけどね....。


  (×単勝:10 2.8倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年08月  .>  1/5    20.0% -1,500円   71.2%

☆19年通算   >  29/128  22.7% +7,520円  105.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎エルムS&関屋記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎サマーチャンピオン&黒潮盃(2019年)穴馬予想&結果

2019年8月11日 (日)

◎エルムS&関屋記念(2019年)穴馬予想&結果


< 8月11日(日)に行われるエルムステークス(GIII)関屋記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エルムステークス】


 札幌のダート1700mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、サトノティターンを◎にしてみましょう。

 条件戦で逃げや先行で結果を残して来たかと思えば、初重賞挑戦となった前々走のマーチSでは後方から追い込んでの勝利と自在性のある馬で、たまに凡走するけれどハマった時の強さは本物っぽいので、重賞での再度の好走に期待してみたいと思います。


  ◎ サトノティターン / 藤岡佑介 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     モズアトラクション 藤岡康太 2
 2着 13    ハイランドピーク  横山和生 10
 3着 6  ◎ サトノティターン   藤岡佑介 4
 4着 11    レッドアトゥ     福永祐一 7
 5着 14    リアンヴェリテ    国分恭介 3


 今回は後方からの位置取りで、途中で追い上げてはいたものの直線に入った時点では上位勢とはかなりの差があったので、この時点ですでに観ながらここに書く敗者の弁を頭の中で考え始めていました。

 ところがそこからグイグイと力強く追い込んでいくのと先行勢の脚が止まり始めたのが同時に起きて、最後には4頭による横一線の3着争いの中でわずかに前に出て、まさかの3着に入ってくれました....。


  (○複勝:6 3.7倍)  ○的中/!  1,000円 → 3,700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【関屋記念】


 新潟の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、サラキアを◎にしてみましょう。

 昨年のローズSで2着に好走した後は、秋華賞で4着、京都金杯で7着、阪神牝馬Sで10着と馬券に絡めていなかったものの、3レース共に勝ち馬から0.5秒差以内と着順の印象ほどは離されていない負け方だったため、前走のエプソムCで◎にしたところ、見事2着に入ってくれました。

 ただその前走はまさかの逃げがハマっての好走だったので(普段は差し脚質)、今回はまた“追い込んでくるも馬券圏内にわずか届かず”パターンに戻ってしまう可能性はありそうではありますが、ただまあ前走で殻を破ることが出来たと考えても良さそうなので、再度この馬に期待することに。


  ◎ サラキア / 丸山元気 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    ミッキーグローリー ルメール 1
 2着 14    ミエノサクシード   川島信二 6
 3着 6     ソーグリッタリング  浜中俊  4
 4着 9     ディメンシオン    戸崎圭太 8
 5着 5  ◎ サラキア        丸山元気 5 


 今回は中段の位置取りで、直線では粘り強く伸びてはいたけれど僅差(勝ち馬と0.3秒差、2・3着馬と0.2秒差)で馬券圏内に入れずということで、ある意味予想はあっていましたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年08月  .>  1/4    25.0%  -300円   92.5%

☆19年通算   >  29/127  22.8% +8,720円  106.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉記念&レパードS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クラスターC(2019年)穴馬予想&結果

2019年8月 4日 (日)

◎小倉記念&レパードS(2019年)穴馬予想&結果


< 8月4日(日)に行われる農林水産省賞典 小倉記念(GIII)レパードステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【農林水産省賞典 小倉記念】


 小倉の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 夏競馬が大の苦手なのは今年も変わらず、7月は14レース中わずか2レースしか当たらなかったのですが、それでも(当たったレースが大穴馬◎だったこともあって)月間回収率はギリギリ100%を越えたので、8月も的中率より回収率重視でなんとか大惨敗にならぬよう乗り切っていきたいものですね。

 それでここは、シャイニービームを◎にしてみましょう。

 デビューから数戦の後は3年半ずっとダートを走って来た馬で、重賞好走経験はないとはいえOPでは何度か馬券に絡んでいたのですが、3走前から芝に再転向しています。

 その芝での3戦は、3走前こそ1秒以上離されて9着に敗れたものの、2走前はOPで6着ながら勝ち馬と0.5秒差(3着馬とは0.1秒差)、そして同じくOPの前走は0.1秒差3着と、3走前がかなり久々の芝復帰初戦だったことを考えれば、かえってダートより芝の方が適正ありそうな結果を見せています。

 ただ今回は重賞ですし、芝での3戦も2000m→1800m→1600mと距離を縮めて着順を上げている(そして今回は2000m)というのが不安ではありますが、ハンデが低いこともあって先行して粘り込められれば重賞でもチャンスはあると思いますし、距離もダートでは2000m以上で何度も好走しているので問題なさそうとなれば、かなり人気が低い(複勝オッズが高い)ことも考えると一か八かで狙ってみるのも面白そうなので、この馬に期待することに。


  ◎ シャイニービーム / 西村淳也 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     メールドグラース  川田将雅 1
 2着 9     カデナ         北村友一 6
 3着 6     ノーブルマーズ   高倉稜  5
 4着 3     タニノフランケル  松若風馬 4
 5着 11    クリノヤマトノオー 和田竜二 8

 9着 10 ◎ シャイニービーム  西村淳也 12


 先行しつつ早い段階でズルズルと下がっていったものの、そこから盛り返して着順の割にはそれほど差はない(3着馬と0.4秒差)位置まで来ていたので、なんか観ていて不思議な気分になるレースでしたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【レパードステークス】


 新潟のダート1800mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 ここは、ブラックウォーリアを◎にしてみましょう。

 ダートでは7戦して全て馬券圏内(4着以上)という安定感のある馬で、前走は条件戦とはいえ古馬相手にレコードタイムで勝利するなど勢いも持ち合わせています。

 それに、これまで敗れたレースでも、無敗で交流GI・JDDを制したクリソベリルや、交流GII・関東オークスを制したラインカリーナ、アメリカに遠征してGIを連戦したマスターフェンサーなど同世代のトップクラスの馬たちと戦って来た経験値を積み上げているので、重賞のここでも上位争いに食い込めるのではないかと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ ブラックウォーリア / 国分恭介 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ハヤヤッコ       田辺裕信 10
 2着 10    デルマルーヴル   吉田隼人 1
 3着 9     トイガー         宮崎北斗 11
 4着 3     ブルベアイリーデ   丸山元気 7
 5着 13    サトノギャロス     川島信二 3

13着 7  ◎ ブラックウォーリア  国分恭介 6


 2頭も穴馬が馬券圏内に来たけれど、何度予想しても自分にはどちらの馬も選べないでしょうね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年08月  .>  0/2    0.0% -2,000円   0.0%

☆19年通算   >  28/125  22.4% +7,020円  105.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サンタアニタT(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎エルムS&関屋記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年7月31日 (水)

◎サンタアニタT(2019年)穴馬予想&結果


< 7月31日(水)に行われるサンタアニタトロフィー(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンタアニタトロフィー】


 大井のダート1600mで行われる南関ハンデ重賞(SIII)です。

 中央GI馬で前走の交流GI・帝王賞でも0.2秒差3着と好走したノンコノユメが参戦することもあって、(交流GI馬・ハッピースプリントの出走取り消しは残念とはいえ)SIIIとしてはなかなか豪華なメンバーが集まったように見えますね。

 それでここは、バルダッサーレを◎にしてみましょう。

 中央からの移籍初戦で東京ダービーを制して物議を醸し注目を集めた馬で、その後は(中央に戻ることなく)南関に留まり続けているものの、未だ重賞勝ちがないどころか重賞で馬券圏内に入ったのもほとんどなしと、思うような活躍が出来ないでいるのですが、ただOPクラスであれば勝利したり馬券に絡んだりしているので、まだまだ重賞で巻き返すだけの力は秘めていそうです。

 それに、古馬になって唯一重賞で馬券に絡んだのが昨年のこのレース(2着)で、今年は昨年よりハンデが1kg減りますし、同じように中央からの移籍初戦で南関クラシック(羽田盃)を制し物議を醸したもののその後はなかなか勝てなかったキャプテンキングが現在重賞で4連勝中と絶好調なので、その勢いに同調したら面白いな~という思いもあって、この馬に期待してみることに。


  ◎ バルダッサーレ / 笹川翼 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    ノンコノユメ      真島大輔 1
 2着 4     クリスタルシルバー 的場文男 2
 3着 11 ◎ バルダッサーレ    笹川翼   8
 4着 1     ロイヤルパンプ    今野忠成 4
 5着 6     サブノジュニア     西啓太  10


 苦手な夏競馬だけあって7月に入ってから1レースしか当てられていなかったので、7月最終日になんとかもう一つ当てることが出来たのは嬉しいですし、計2レースしか当てていないのに月間回収率がプラスに終わったというのも“穴狙いならでは”で面白いもんですね。


  (○複勝:11 4.4倍)  ○的中!  1,000円 → 4,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年07月  .>  2/14   14.3%  +900円  106.2%

☆19年通算   >  28/123  22.8% +9,020円  107.1%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クイーンS&アイビスサマーD(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉記念&レパードS(2019年)穴馬予想&結果

2019年7月28日 (日)

◎クイーンS&アイビスサマーD(2019年)穴馬予想&結果


< 7月28日(日)に行われる北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)アイビスサマーダッシュ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道新聞杯クイーンステークス】


 札幌の芝1800mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 木曜のプラチナC、土曜の小倉サマーJと2レース続けてかなり悔しい外し方をしてしまったので、今日の2レースは当てたいのはもちろん、外れるにしても悔しさをあまり引きずらないような外し方をしたいものですね....。

 それでここは、ダノングレースを◎にしてみましょう。

 重賞経験はわずかな馬ではあるものの、条件戦を連勝した勢いで前走の福島牝馬Sでは3着に入りましたし、昨年の夏には札幌での条件戦で馬体重プラス12kgながら3着に入っていることから洋芝適性も問題なさそうなので、2レース連続での重賞での好走に期待してみたいと思います。


  ◎ ダノングレース / 蛯名正義 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    ミッキーチャーム  川田将雅 1
 2着 6     スカーレットカラー  岩田康誠 5
 3着 14    カリビアンゴールド 柴山雄一 9
 4着 12    ウラヌスチャーム  藤岡佑介 4
 5着 11    エイシンティンクル 武豊   8

14着 4  ◎ ダノングレース    蛯名正義 6


 直線に入った所では最内から伸びてくるのではないかと期待できたのですが、まさか最下位になるとは....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アイビスサマーダッシュ】


 新潟の芝1000mで行われる重賞(GIII)です。

 JRAで唯一の直線重賞ということで夏競馬の名物レースですが、ここはアルマエルナトを◎にしてみましょう。

 条件戦を勝ち上がって挑んだここ3戦のOPでは馬券に絡めていないものの、いずれも勝ち馬から0.6秒差以内と凡走はしていませんし、直線競馬だった前走も追い込んでの4着と惜しい走りを見せていたので、直線競馬では有利な最内枠を活かせるならここでも充分にチャンスはあるのでは。


  ◎ アルマエルナト / 柴田大知 (18)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    ライオンボス    田辺裕信 1
 2着 3     カッパツハッチ   丸山元気 3
 3着 16    オールポッシブル 津村明秀 9
 4着 13    トウショウピスト  大野拓弥 16
 5着 10    レジーナフォルテ 内田博幸 4

11着 18 ◎ アルマエルナト  柴田大知 8


 今日の2レースは望み通りに(◎馬が惜しくも馬券圏内を逃したり、最後まで悩んでいたけれど最終的に選ばなかった馬が馬圏内に来るなど)悔しすぎる外し方にはならなかったものの、ただやはりどんな外し方であっても悔しい気持ちが芽生えるのに変わりはないということが分かりましたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年07月  .>  1/13   7.7% -2,500円   81.6%

☆19年通算   >  27/122  22.1% +5,620円  104.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉サマーJ(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎サンタアニタT(2019年)穴馬予想&結果

2019年7月27日 (土)

◎小倉サマーJ(2019年)穴馬予想&結果


< 7月27日(土)に行われる小倉サマージャンプ(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉サマージャンプ】


 小倉の芝3390mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 ここは、シゲルロウニンアジを◎にしてみましょう。

 障害未勝利戦で18戦目にしてようやく勝った(平地も合わせると21戦目でようやく初勝利)というかなり苦労した馬ですが、ただ初勝利後は(勝利こそないものの)10戦して馬券圏内5回、掲示板入りは6回と安定した結果となっていますし、掲示板外のレースもGIだったり後方の位置取りだったり休み明けだったりと敗因ははっきりとしています。

 今年に入ってからの4戦も前にさえ行ければOPで勝ち馬と僅差で馬券圏内に入っているので、スタートさえ良ければ重賞のここでも充分にチャンスはあるのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ シゲルロウニンアジ / 高田潤 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     メイショウダッサイ  森一馬    1
 2着 5     アグリッパーバイオ 西谷誠    6
 3着 12    メイショウタンヅツ  佐久間寛志 5
 4着 3  ◎ シゲルロウニンアジ 高田潤    8
 5着 11    ボナパルト       白浜雄造   3


 3番手で手応え良く直線に入って来たものの、そこから計ったかのように見事に差されて僅差の4着....。

 しかも差して3着に入ったのが、最後までどちらにしようか悩みに悩んで結局(特別な理由なく)◎にしなかった馬で、最終的に◎にした馬に“馬券圏内に入ってくれ”と祈るのとは別に“(来たら悔しすぎるから)入らないでくれ”とレース中にも気にしていた馬だったので、この外し方は本当に悔しすぎでレース後もしばらくはこのモヤモヤした気持ちを引きずりそうですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年07月  .>  1/11   9.1%  -500円   95.7%

☆19年通算   >  27/120  22.5% +7,620円  106.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎プラチナC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クイーンS&アイビスサマーD(2019年)穴馬予想&結果

2019年7月25日 (木)

◎プラチナC(2019年)穴馬予想&結果


< 7月25日(木)に行われるプラチナカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【プラチナカップ】


 浦和のダート1400mで行われる重賞(SIII)です。

 3歳馬も出走可能な重賞ではあるのですが、今回は3・4歳馬の出走がないばかりか、半数近い5頭が9歳以上(11頭中7頭が7歳以上)というベテラン馬が揃ったレースとなっていますね。

 それでここは、その中でも最年長となるトキノエクセレントを◎にしてみましょう。

 11歳馬で、今年に入ってからは2走しかしていないうえにどちらも掲示板には載れず、出走取り消しがすでに2レースもあるのでやはり不安ではあります。

 ただ昨年は、重賞の埼玉新聞栄冠賞で3着となり、スパーキングサマーCでは(1~4着馬よりも重い斤量を背負いながら)勝ち馬から0.2秒差の5着に入り、昨年のこのレースでは1年以上の休み明けからの叩き2戦目で3着馬と0.3秒差の6着となるなど、重賞でも充分に通用する走りを見せていました。

 なので、狙いにくい面はあるとはいえ穴馬勢の中では一番可能性があるのではないかと思い。この馬に期待してみることに。


  ◎ トキノエクセレント / 櫻井光輔 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     ノブワイルド    橋本直哉 3
 2着 2     キタサンミカヅキ  森泰斗  1
 3着 6     ヒラボクプリンス  笹川翼  7
 4着 7     ワンパーセント   左海誠二 2
 5着 5     アンサンブルライフ 岡部誠  6

 6着 1  ◎ トキノエクセレント 櫻井光輔 8


 ヒラボクプリンスは最後まで考えていた馬なので、5倍も付いたことを考えるとここを当てられなかったのは回収率的にかなりもったいなかったですし、精神的ショックがデカいですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年07月  .>  1/10   10.0%  +500円  104.7%

☆19年通算   >  27/119  22.7% +8,620円  107.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎函館2歳S&中京記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉サマーJ(2019年)穴馬予想&結果

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ