サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「05.競馬(穴馬)予想」の記事

2019年2月20日 (水)

◎報知グランプリC(2019年)穴馬予想&結果


< 2月20日(水)に行われる報知グランプリカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【報知グランプリカップ】

 船橋のダート1800mで行われる南関重賞(SIII)です。

 ここは、ムサシキングオーを◎にしてみましょう。

 今年で10歳のベテラン馬なうえ、12着・15着という近走成績を見ると、人気がないのも分かるし狙い辛くもあるのですが、ただ昨年だけでも川崎マイラーズで3着、京成盃グランドマイラーズで(3着馬とハナ差の)4着、サンタアニタトロフィーで3着馬と0.1秒差(6着)と重賞で何度も上位争いに加わっています。

 それにこのレースも2・3年前にどちらも2着と好走経験がありますし(昨年は不出走)、大井での出走が多い馬ですが船橋・川崎の左回りレースでは9回走って4着以上が8回と好相性なので、他の穴馬よりこの馬の方が一発の可能性は高いのではないでしょうか。


  ◎ ムサシキングオー / 和田譲治 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  5/13  38.5%   +6,400円 148.5%

☆19年通算   >  8/29  27.6%    -700円  .97.6%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉大賞典&フェブラリーS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪急杯&中山記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月17日 (日)

◎小倉大賞典&フェブラリーS(2019年)穴馬予想&結果


< 2月17日(日)に行われる小倉大賞典(GIII)フェブラリーステークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉大賞典】

 小倉の芝1800mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 GIの裏開催ローカル重賞ということもあって注目度は低いものの、なかなか面白いメンバーが揃っていますし、まずはこのレースを当てて先週の勢いを取り戻したいところですね。

 それでここは、マウントゴールドを◎にしてみましょう。

 昨年に初重賞挑戦を果たすと、小倉記念で3着、チャレンジCで2着といきなり結果を残すも、1番人気に推された前走の中山金杯では12着に敗れました。

 ただこの時は12着とはいえ、逃げ先行だったここ最近とは違う中段からの位置取り(直線に入るときには後方)での0.5秒差だったので、巻き返せる可能性は充分にありそうだし、今回は逃げ馬が多いのでその直後につけて直線で抜け出しを計ればチャンスは大いにあるとみて、この馬に期待することに。


  ◎ マウントゴールド / 浜中俊 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    スティッフェリオ  丸山元気 3
 2着 3     タニノフランケル  川田将雅 1
 3着 1     サイモンラムセス 小牧太  14
 4着 11    ナイトオブナイツ  古川吉洋 7
 5着 2     エアアンセム   吉田隼人 4

 6着 4  ◎ マウントゴールド  浜中俊  5


 最終コーナーの時点で手応え悪く見えて“もうここで脱落か”と思っていたら、最後に外から伸びて来たので驚きましたし、3着まではあとほんの少しだったのですけどね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【フェブラリーステークス】

 東京のダート1600mで行われる重賞(GI)です。

 藤田菜七子騎手がJRAの女性騎手として初のGI騎乗となることでかなりの盛り上がりを見せていますが、それ以外にも、今年最初の中央GIですし、数少ない中央のダートGIでもあるなど盛り上がる要素は多いので、そんなレースを気持ち良く当てたいところですね。

 それでここは、ユラノトを◎にしてみましょう。

 重賞経験こそ浅いものの、3走前の武蔵野Sで0.5秒差4着、前走の根岸Sで0.1秒差2着と結果を出していますし、前走と同じ2番枠に入ったのはかなり有利な風が吹いていると思うので、後続からの追い上げさえ凌げれば馬券圏内の可能性は充分にあるのでは。


  ◎ ユラノト / 福永祐一 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     インティ       武豊     1
 2着 3     ゴールドドリーム ルメール   2
 3着 2  ◎ ユラノト       福永祐一   8
 4着 8     モーニン      和田竜二  9
 5着 11    コパノキッキング 藤田菜七子 4


 今回は前走よりポジションが後ろめだったので心配していましたが、直線では粘り強く伸びて来て、前の2頭には離されたとはいえ見事に3着に入ってくれました。

 これで今年最初の交流GIに続いて中央GIの方も当てることが出来たので、一年を通してボロボロな成績だった昨年の二の舞にはならなそうですかね....?


  (○複勝:2 3.4倍)  ○的中  1,000円 → 3,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  5/13  38.5%   +6,400円 148.5%

☆19年通算   >  8/29  27.6%    -700円  .97.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都牝馬S&ダイヤモンドS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎報知グランプリC(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月16日 (土)

◎京都牝馬S&ダイヤモンドS(2019年)穴馬予想&結果


< 2月16日(土)に行われる京都牝馬ステークス(GIII)ダイヤモンドステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都牝馬ステークス】

 京都の芝1400mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 これを書いている時点で全ての馬の複勝最低オッズが1.8倍以上という混戦メンバーですが、ここはベルーガを◎にしてみましょう。

 2歳時には新馬戦とファンタジーSを連勝し無敗で重賞馬になったものの、GI・阪神JF直前に骨折が判明したため長期休養となったのですが、昨秋に復帰後はOPでいきなり0.2秒差3着と好走し、続く前走のOPでは0.5秒差5着という結果でした。

 そして今回は満を持しての重賞出走となりまして、状態や追い込み脚質など不安点はあるとはいえ、今後は穴馬としてなど狙えなくなりそうなほどのポテンシャルは充分にある馬だと思うので、この馬の復活に期待することに。


  ◎ ベルーガ / 川田将雅 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    デアレガーロ    池添謙一  9
 2着 15    リナーテ       武豊     7
 3着 13    アマルフィコースト 坂井瑠星  13
 4着 12    アルーシャ      ルメール   2
 5着 11    ワントゥワン     M.デムーロ 3

11着 2  ◎ ベルーガ       川田将雅  6


 かなり荒れたレースとなりましたが、ただ馬券圏内に来た馬はみなチェックしていた馬ばかりだったので(特にアマルフィコーストは念入りに)、ここは当てておかないといけないレースでしたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ダイヤモンドステークス】

 東京の芝3400mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ハンデ戦の長距離重賞、しかもこれを書いている時点で10頭中4頭の複勝最低オッズが1倍台と(穴馬の選択肢が少ない)こともあって予想は難しいですが、ここはソールインパクトを◎にしてみましょう。

 昨秋はオーストラリアに遠征して2戦共に二ケタ着順と結果は出ませんでしたが、2000m以上での東京でのレースは7戦して馬券圏内は6回、唯一圏外となった昨年の目黒記念も0.3秒差5着と僅差だったので、東京の中長距離はかなり得意としています。

 それに昨年のこのレースでも3着という実績があるので、海外遠征の影響がないならば今回も上位争いに加わることができるのではないかとみて、この馬に期待してみました。


  ◎ ソールインパクト / 田辺裕信 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ユーキャンスマイル 岩田康誠 1
 2着 8     サンデームーティエ 江田照男 8
 3着 2     カフェブリッツ     蛯名正義 3
 4着 7  ◎ ソールインパクト   田辺裕信 5
 5着 6     ララエクラテール   戸崎圭太 4


 直線では前を捉えそうな感じながらなかなか差が縮まらず、というなんとももどかしいレースとなりましたが、結局3着馬には半馬身差届かず....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  4/11  36.4%   +5,000円 144.6%

☆19年通算   >  7/27  25.9%   -2,100円  .92.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ユングフラウ賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉大賞典&フェブラリーS(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月13日 (水)

◎ユングフラウ賞(2019年)穴馬予想&結果


< 2月13日(水)に行われるユングフラウ賞(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ユングフラウ賞】

 浦和のダート1400mで行われる南関3歳牝馬重賞(SII)です。

 5連勝で東京2歳優駿牝馬を制したアークヴィグラスは先日の中央芝重賞に挑戦したため不在とはいえ、南関牝馬クラシック第1戦・桜花賞に向けた前哨戦といえるほどの好メンバーが揃いました。

 それで自分は南関の2・3歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしていて、そうするとその時点で(結果的に)正解がなかったり、今回のように選択肢少なかったりするものの、それでもこれまでそれで結構当たって来たので、ここも今回が道営からの移籍初戦となるスティールティアラを◎にしてみましょう。

 ここ2走は道営馬として南関重賞に挑んで、前走の東京2歳優駿牝馬も前々走のローレル賞も逃げて4着、道営の重賞でも勝利はないのに2着は2度と、何とももどかしいレースが続いていますが、ただ前走も前々走も3着馬と3/4馬身差と馬券圏内までほんのわずかな差でしたし、南関の現3歳牝馬世代によるトップクラス重賞で馬券に絡めるだけの実力は確かにあると思うのです。

 ただ今回は、デビューから3戦全て逃げて圧勝のシントーアサヒや道営から移籍後の3戦全て逃げ切り勝ちのビービーガナールを始めとして強力な同系逃げ馬が何頭もいるのが不安とはいえ、交流重賞での5着も含めて積み重ねてきた重賞経験値はトーセンガーネット以外の馬にはない強みだと思うので、この馬に期待してみることに。


  ◎ スティールティアラ / 桑村真明 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ポッドギル      矢野貴之 7
 2着 9     トーセンガーネット 笹川翼   2
 3着 11    マーチャンスルー  森泰斗   9
 4着 4     シントーアサヒ   左海誠二 1
 5着 2     ゼットパッション   山崎誠士 5

 9着 3  ◎ スティールティアラ 桑村真明 4


 逃げて結果を出して来た馬が何頭もいるため、着順と同じくらいにどの馬が逃げるのかも注目だし楽しみでしたが、まさか新馬戦の後は一度も逃げていないポッドギルが端をきり、しかもそのまま逃げ切ってしまうのですから面白いですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  4/9   44.4%   +7,000円 176.1%

☆19年通算   >  7/25  .28.0%    -100円  .99.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クイーンC&佐賀記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都牝馬S&ダイヤモンドS(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月11日 (月)

◎クイーンC&佐賀記念(2019年)穴馬予想&結果


< 2月11日(月・祝)に行われるデイリー杯クイーンカップ(GIII)佐賀記念(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【デイリー杯クイーンカップ】

 東京の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GIII)です。

 当初は9日(土)に実施予定でしたが、雪のため2日後の今日に順延となったレースです。

 そしてJRAの出馬表を見てみると、9頭中8頭の着順が全て3着以内というなかなか壮観な馬柱となっていますし、その中にはGIでの2・3着馬もいるので、レベルが高くて面白いレースとなりそうで楽しみですね。

 それでここは、近5走全てが馬券圏内という馬がほとんどという中にあって4着以下がある唯一の馬・ジョディーをあえて◎にしてみましょう。

 やはりこの馬柱の中だと前走のGI・阪神JFでの16着というのが悪目立ちしてしまうものの、まあそこに目をつむれば、今回と同じ東京1600mの500万下を勝ち重賞で4着という戦績は上位人気2頭以外の馬たちにはない確かな実績です。

 それに、新馬戦・未勝利戦を勝ったばかりだったり初芝だったりとまだこのレベル&条件での実力がわからない馬が多いメンバーなので、(上位人気2頭に先着するのは難しいかもしれないけれど)3着の可能性なら十分にあるのではないかと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ ジョディー / 武藤雅 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     クロノジェネシス   北村友一  1
 2着 6     ビーチサンバ     福永祐一  2
 3着 4  ◎ ジョディー       武藤雅    7
 4着 7     カレンブーケドール 戸崎圭太  4
 5着 2     レッドベルディエス  ブロンデル 5


 ◎馬は果敢に逃げて直線に入り、上位人気2頭に交わされたうえにカレンブーケドールにも抜かれる雰囲気全開だったものの、並ばれてから交わされまいと粘り強い走りをみせて、3着に残ってくれました....。

 これで2月の中央重賞は5レース中3レース的中と、1月の中央重賞は全く当たらなかったのが嘘のような好調さなので、この勢いで週末のGI・フェブラリーSも当てたいですね。


  (○複勝:4 3.4倍)  ○的中!  1,000円 → 3,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【佐賀記念】

 佐賀のダート2000mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 こちらは予定通りに開催の交流重賞ですが、今回参戦する中央馬は近走の重賞で結果が出ていない馬ばかりなので、中央から佐賀に移籍したばかりの中央重賞2勝馬・グレイトパールも含めて、どの馬が勝つのか分からない面白いレースとなりそうですね。

 それでこのレースも、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいきましょう。

 これを書いている時点では、OP2連勝中のテーオーエナジーが1倍台の圧倒的な人気なので、この馬以外の中から何頭か選ぶ形になるのですが、グレイトパール(これを書いている時点で3倍台の2番人気)とヒラボクラターシュ(同5倍台の3番人気)のオッズがこれからどのように動くか次第で選ぶ馬や数が大きく変わってしまいます。

 なのでここは慎重を期して、オッズがもう少し固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、テーオーエナジーが1倍台、グレイトパールが3倍台、ヒラボクラターシュが5倍台、その他の馬が20倍以上となっていました。

 2・3番人気が3倍台と6倍台だとこの2頭を狙うことが出来るのに、このオッズだとどちらか1頭しか選べないな~と残念がっていましたが、ただどちらも4倍・6倍に近いオッズなため、“どちらの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分”が出来そうな感じなので、まあここからオッズが下がったらそれはそれでしょうがないということで素直に2・3番人気狙いでいきましょう。


  ◎ グレイトパール / 鮫島克駿 (10)
  △ ヒラボクラターシュ / 山本聡哉 (7)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  △ ヒラボクラターシュ 山本聡哉 3
 2着 2     リーゼントロック   松岡正海 5
 3着 1     テーオーエナジー 岩田康誠 1
 4着 10 ◎ グレイトパール   鮫島克駿 2
 5着 4     アスカノロマン   太宰啓介 4


 リーゼントロックが粘り強く喰らい付いてきたことで最後まで際どい好レースとなりましたが、そんな激戦の中で△馬が勝ってくれたので安心しましたし、グレイトパールとヒラボクラターシュのどちらか一方を選ぶとなったらグレイトパールの方を選んでいたと思うので、この2頭を両方共に選ぶ決断が出来て本当に良かったです....(たぶん昨年の自分だったら一か八かで4番人気以降の馬に手を出していたでしょう....)。

 そして、一年を通してボロボロな成績だった昨年は結局一度も回収率100%にならなかったのに対し、今年はとりあえず現時点で回収率100%越えとなったので、この調子を持続して昨年の二の舞にはならないようにしたいですね。


  (○単勝:7 5.6倍)  ○的中!  1,200円 → 2,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  4/8   50.0%   +8,000円 197.6%

☆19年通算   >  7/24  .29.2%    +900円 103.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都記念&共同通信杯(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ユングフラウ賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月10日 (日)

◎京都記念&共同通信杯(2019年)穴馬予想&結果


< 2月10日(日)に行われる京都記念(GII)共同通信杯(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都記念】

 京都の芝2200mで行われる重賞(GII)です。

 これを書いている時点で12頭中半数(6頭)の単勝オッズが一ケタという超混戦メンバーですが、こういう時は“荒れるとしても上位人気勢の中で”といったパターンが多そうなので(正確なデータ等はなし)、ここはその中からダンビュライトを◎にしてみましょう。

 GIでも常に掲示板に載るかどうかという上位争いに加わる安定感がありながら、普通の重賞でも(近走だけ見ても3・4・6着と)安定はしているけれど勝負弱さも感じられるという結果が続いているものの、昨年のAJCCを制するなど重賞を勝つだけの力があることは確かなので、その時のように先行してくれることも期待して、この馬を選んでみました。


  ◎ ダンビュライト / 松若風馬 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8  ◎ ダンビュライト    松若風馬 6
 2着 10    ステイフーリッシュ 藤岡佑介 1
 3着 12    マカヒキ       岩田康誠 2
 4着 7     パフォーマプロミス 福永祐一 4
 5着 4     ケントオー      幸英明   9


 位置取りも結果も期待通りに昨年のAJCCの再現を見せてくれました.....。

 ただ欲を言えば、1着でなくていいので人気薄のケントオーあたりが一緒に馬券圏内に入って来て欲しかったですねェ。


  (○複勝:6 2.2倍)  ○的中!  1,000円 → 2,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【共同通信杯】

 東京の芝1800mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 7頭立ての少数頭ということで複勝は(普段のように3着以内ではなく)2着以内の2頭のみが対象となるため、◎馬が3着に入って当たることが多い自分としては厳しいレースなのですが、ここはこれを書いている時点で7頭中6番人気のナイママを◎にしてみましょう。

 地方所属ながら中央の芝OPを制したばかりか重賞の札幌2歳Sでもクビ差2着と好走したものの、その後は東スポ杯2歳Sで13着、京成杯で6着と結果が出ていません。

 とはいえ、東スポ杯2歳Sは先行馬に厳しく差し追い込み馬が上位に来る展開の中で先行していて、逆に京成杯では前残りの展開の中で後方からの競馬と、どちらのレースもチグハグな走りとなってしまっていたので、展開が上手くハマった時に重賞でも2着以内に来る爆発力があるのは穴馬の中では一番なのではないかと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ ナイママ / 柴田大知 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ダノンキングリー 戸崎圭太   3
 2着 4     アドマイヤマーズ M.デムーロ 1
 3着 6     クラージュゲリエ  武豊     4
 4着 5     フォッサマグナ   ルメール   2
 5着 7     ゲバラ        大野拓弥  5

 7着 3  ◎ ナイママ      柴田大知  6


 無敗の人気馬2頭が他馬を突き離しての1・2着となってはどうしようもないですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  2/6   33.3%  .+4,000円 166.7%

☆19年通算   >  5/22  22.7%   -3,100円  86.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎雲取賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クイーンC&佐賀記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月 7日 (木)

◎雲取賞(2019年)穴馬予想&結果


< 2月7日(木)に行われる雲取賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【雲取賞】

 大井のダート1800mで行われる南関3歳重賞(SIII)です。

 昨年まではクラシック第1戦・羽田盃に向けての重要な準重賞レースでしたが、今年から重賞に昇格したので、羽田盃の予想をするうえでもより重要なレースとなりそうですね。

 それでここは、アイオロスを◎にしてみましょう。

 南関の2・3歳重賞は道営馬か元道営馬を狙うようにしているので、今回は選択肢が少ないのですが、この馬は道営時代に2勝、南関に移籍していきなり勝利と結果を出していますし、逃げ馬ということで展開がハマれば一発の可能性も十分にあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ アイオロス / 赤岡修次 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ヒカリオーソ   瀧川寿希也 4
 2着 11    ミューチャリー  御神本訓史 1
 3着 15    カジノフォンテン 本田正重  13
 4着 10    アギト       左海誠二  7
 5着 8     ラプラス      矢野貴之  2

12着 9  ◎ アイオロス     赤岡修次  8


 まあ今回は元道営馬狙いの時点で正解はなかったですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  1/4   25.0%  .+3,800円 195.0%

☆19年通算   >  4/20  20.0%   -3,300円  83.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎金盃(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都記念&共同通信杯(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月 6日 (水)

◎金盃(2019年)穴馬予想&結果


< 2月6日(水)に行われる金盃(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【金盃】

 大井のダート2600mで行われる南関重賞(SII)です。

 やはり何といっても注目なのは、中央GIを含むGI・3勝馬で何度もGIで馬券に絡んで来た超一流馬のサウンドトゥルーが、南関移籍後初めて南関重賞に参戦することで、中央所属最後の出走となった中央開催の交流GI・JBCクラシックで5着、南関移籍初戦となった交流GI・東京大賞典で4着というここ2戦の走りを見ればまだまだ一線級の力があることが分かるので、ここは今後に向けても楽しみな一戦ですね。

 ただその他にもなかなか面白いメンバーが揃っていまして、穴として狙ってみたい馬も何頭かいるのですが、人気の方もサウンドトゥルーの完全一強ということもあってか、これを書いている時点ではそれらの馬がどのくらいの複勝オッズになるのか予測が付きません。

 なのでここは、ある程度オッズが固まってくるまで様子を見てから最終予想を決め、それをレースの1時間前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 ここは、ユーロビートを◎にしてみましょう。

 かつては中央馬相手に交流重賞を制したこの馬も今年で10歳となりましたが、2000m以上の重賞は2戦連続3着&7戦連続掲示板とまだまだ力は健在です。

 それに昨年こそ競争中止だったものの2年前には勝利するなどこのレースとの相性は良く、これで人気サイドなら狙い辛いものの今回も人気はないので、この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ ユーロビート / 吉原寛人 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     サウンドトゥルー   御神本訓史 1
 2着 10    シュテルングランツ 的場文男  4
 3着 1     ワークアンドラブ   森泰斗   3
 4着 14    ヤマノファイト     本橋孝太  2
 5着 9     モズライジン     瀧川寿希也 13

12着 15 ◎ ユーロビート     吉原寛人  8


 このレースと中央の両金杯は毎年不思議と相性良く当たりまくりだったものの、これで昨年から2年連続で3レース全て不的中となってしまったので、来年こそ当てて相性の良さを再び引き寄せたいですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  1/3   33.3%  .+4,800円 260.0%

☆19年通算   >  4/19  21.1%   -2,300円  88.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎きさらぎ賞&東京新聞杯(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎雲取賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年2月 2日 (土)

◎きさらぎ賞&東京新聞杯(2019年)穴馬予想&結果


< 2月3日(日)に行われるきさらぎ賞(GIII)東京新聞杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【きさらぎ賞】

 京都の芝1800mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 8頭立ての少数頭で、複勝最低オッズが1倍台の馬が(これを書いている時点で)半数以上の5頭もいる(つまり狙えるのは8頭中人気のない3頭のみ)という、穴馬狙いとしては予想する以前に(選択肢の数でも質でも)厳しいレースとなっています。

 ただこういうレースの時は(選択肢が絞られているのがかえっていいのか)意外と当たりやすいので、ここで2月に持ち越しとなってしまった2019年中央重賞初的中を済ませてしまいたいですね。

 それでここは、タガノディアマンテを◎にしてみましょう。

 デビュー戦こそ4着に敗れたものの、続く未勝利戦を勝ち、前走の500万下では3着も(重賞で3着の実績ある)勝ち馬と0.2秒差、2着馬とクビ差とそれほど差のない走りを見せました。

 そして初重賞挑戦となる今回は、先行馬が最内枠に入ったということで、前で粘っての馬券圏内も十分にあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ タガノディアマンテ / 岩田康誠 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ダノンチェイサー   川田将雅  3
 2着 1  ◎ タガノディアマンテ  岩田康誠  6
 3着 6     ランスオブプラーナ 松山弘平  7
 4着 3     ヴァンドギャルド   M.デムーロ 1
 5着 8     メイショウテンゲン  池添謙一  5


 “前に行ってどれだけ粘れるか”と思っていたら一頭だけ離れた最後方の位置取りだったので驚きましたが、少数頭だしまだチャンスはあるはずだと望みを捨てずに観ていたら、直線で大外からグイグイと伸びて最後は2着に飛び込んで来てくれたおかげで、ようやく今年の中央重賞初当たりとなりました.....。

 それにしても、少数頭で穴馬の選択肢がかなり限られるレースは、穴狙い的に正解のない結果(=上位人気決着)となることが多そうなのに、かなりの確率で穴馬狙いが見事に成功しているので、ホントに不思議なもんですねェ(今回も穴狙い的には三分の二が正解だったわけですし)。


  (○複勝:1 7.8倍)  ○的中!  1,000円 → 7,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京新聞杯】

 東京の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、リライアブルエースを◎にしてみましょう。

 5歳にして初の重賞挑戦となった昨夏以降は(いずれも重賞で)6・3・6・12着と一度馬券圏内があるとはいえ安定感のない着順となっているものの、着差でみると0.2・0.3・0.6・0.5秒差と安定しています。

 それに前走は12着ながら休み明けで馬体重プラス20kgでの0.5秒差(3着馬とは0.3秒差)なので、今回はハンデ戦ではないとはいえここでも勝負になるのではとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ リライアブルエース / 坂井瑠星 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     インディチャンプ   福永祐一 1
 2着 6     レッドオルガ     北村友一 6
 3着 1     サトノアレス     柴山雄一 4
 4着 8     ロードクエスト    三浦皇成 10
 5着 5     タワーオブロンドン  ルメール  2

 7着 13 ◎ リライアブルエース 坂井瑠星 9


 今年の中央重賞初当たりの勢いで連続的中するのでは?と期待しましたが、そう上手くはいきませんでしたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年02月  .>  1/2   50.0%  .+5,800円 390.0%

☆19年通算   >  4/18  22.2%   -1,300円  92.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎川崎記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎金盃(2019年)穴馬予想&結果

2019年1月30日 (水)

◎川崎記念(2019年)穴馬予想&結果


< 1月30日(水)に行われる川崎記念(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【川崎記念】

 川崎のダート2100mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 2019年最初の交流GIなので幸先良く当てていきたいところですが、ここ数年は当たった記憶がないくらいに相性悪くなっているので自信はないですね....。

 それでこのレースも、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいきましょう。

 これを書いている時点では、交流GIでは常に馬券に絡む安定感があり昨年のこのレースの覇者でもあるケイティブレイブが1倍台の圧倒的人気なので、2番人気以降の馬の中から何頭か選ぶことになりそうなものの、これからのオッズの動きにより何頭選べるかが大きく変わっていきそうです。

 なのでここは慎重を期して、オッズがある程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ケイティブレイブが1倍台、オールブラッシュが5倍台、ミツバが7倍台、それ以降が10倍以上という並びとなっていました。

 なのでここは素直に、2~4番人気の3頭狙いでいってみましょう。


  ◎ ミツバ / 和田竜二 (6)
  △ アポロケンタッキー / 戸崎圭太 (5)
  △ オールブラッシュ / 田辺裕信 (8)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  ◎ ミツバ         和田竜二 3
 2着 2     ケイティブレイブ   福永祐一 1
 3着 8  △ オールブラッシュ   田辺裕信 2
 4着 5  △ アポロケンタッキー 戸崎圭太 4
 5着 4     コパノチャーリー   森泰斗  6


 1番人気馬が2着以下になればほぼ当たるというラッキーなオッズの並びだったとはいえ、今年最初の交流GIを◎馬で当てることができたのは素直に嬉しいですね。


  (○単勝:6 7.0倍)  ○的中!  1,200円 → 3,500円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年01月  .>  3/16  18.8%   -7,100円  56.7%

☆19年通算   >  3/16  18.8%   -7,100円  56.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎シルクロードS&根岸S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎きさらぎ賞&東京新聞杯(2019年)穴馬予想&結果

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ