サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「05.競馬(穴馬)予想」の記事

2019年4月23日 (火)

◎東京プリンセス賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月23日(火)に行われる東京プリンセス賞(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京プリンセス賞】


 大井のダート1800mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 南関牝馬クラシックの第2戦(中央でいうとオークスにあたるレース)ですが、やはり第1戦・桜花賞(浦和)の1・2・4・5着馬が中心となりそうですね。

 ただそれ以外の馬というのが、8頭中7頭が今回重賞初挑戦、そのうち2頭はいまだ0勝馬というメンバーなので、さすがにそれらの馬が桜花賞上位勢の間に割って入るのは厳しそうです。

 とはいえ、桜花賞では10着の大敗だったものの昨年末のSI・東京2歳優駿牝馬で人気薄ながら2着に好走したラブミーピンクであれば一発の可能性はありそうですが、それでもやはり当たる確率を少しでも上げるのであれば桜花賞上位組の中で複勝最低オッズが2倍以上となる馬を狙うべきだとも思うのです。

 なので、ある程度オッズが固まるまで様子を見てから最終予想を決定し、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、桜花賞上位馬の中ではダバイダバイだけが複勝最低オッズ2倍台となっているものの、最終的に1倍台になってもおかしくないくらいのギリギリな2倍台です。

 なので確実に2倍以上になりそうな馬を狙ってもいいのですが、ただ東京2歳優駿牝馬では後方から上がり2位のタイムで追い上げての5着、前走の桜花賞はそこから3ヶ月の休み明けでぶっつけ本番での5着だったことに加え、按上が御神本訓史に替わったことから、今回は前2走以上のパフォーマンスを高い確率で見せてくれるのではないかと思うので、ここは1倍台になったら仕方ないということでダバイダバイを◎にしてみましょう。


  ◎ ダバイダバイ / 御神本訓史 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  5/14  35.7%  +7,140円  149.6%

☆19年通算   >  17/70  24.3%   +340円  100.5%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイラーズC&フローラS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎羽田盃(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月21日 (日)

◎マイラーズC&フローラS(2019年)穴馬予想&結果


< 4月21日(日)に行われる読売マイラーズカップ(GII)サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【読売マイラーズカップ】


 京都の芝1600mで行われる重賞(GII)です。

 前走で重賞を制した馬3頭に加え昨年の安田記念勝ち馬がいるという上位人気勢がかなり豪華なメンバーとなっていますが、その4頭はいずれも複勝最低オッズが1倍台なので、その他の馬から選ばないといけないのですよね....。

 となると近走成績からすればグァンチャーレ一択になるかな~とも思ったものの、ここはあえてケイアイノーティックの方を◎にしてみましょう。

 昨年は3歳馬によるマイルGIであるNHKマイルCを制してGI馬になるも、その後の古馬勢との対戦では一度も馬券圏内に入れていないのですが、毎日王冠は5着ながら0.4秒差、GI・マイルCSは11着ながら0.5秒差と、着差だけ見ればレベルの高いレースで上位と差のない走りを見せています。

 ただ近2走は着差的にもあまり良くなかったとはいえ、前々走は初距離(1400m)、前走は初ダートと初の条件続きでしたし、今回もモズアスコット以外の人気勢よりも斤量を背負うなど厳しそうではあるけれど、逆にそこで力を出して上位勢に割って入る可能性も実績からして充分にあるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ ケイアイノーティック / シュタルケ (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ダノンプレミアム   川田将雅  1
 2着 8     グァンチャーレ    池添謙一  5
 3着 2     パクスアメリカーナ 藤岡佑介  4
 4着 3     インディチャンプ   福永祐一  2
 5着 1     ストーミーシー    北村友一  8

 6着 9  ◎ ケイアイノーテック  シュタルケ  6


 素直にグァンチャーレを選んでいれば良かったのですけどね....(って先週も同じようなことを書いていたような....)。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ賞フローラステークス】


 東京の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 こちらはこれを書いている時点で全ての馬の複勝最低オッズが2倍以上という混戦メンバーとなっていますが、ここは思い切ってジョディーを◎にしてみましょう。

 500万下の赤松賞を勝ち、重賞のフラワーCで0.1秒差の3着と好走するなど、逃げ馬ながら直線の長い東京コースと相性の良い馬で、逃げて34.0秒前後の上がりを出せるのも魅力です。

 とはいえ今回は逃げ馬の距離延長という点が不安なのですが、ただ現在重賞で2連続して掲示板に載っている実績と人気のなさを考えるとそれでもあえて狙ってみるのも面白そうなので、無難そうな馬ではなく一か八かな感じはあるけれどこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ ジョディー / 武藤雅 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ウィクトーリア   戸崎圭太 3
 2着 2     シャドウディーヴァ 岩田康誠 2
 3着 9  ◎ ジョディー      武藤雅  9
 4着 8     パッションスルー  石橋脩  6
 5着 18    フェアリーポルカ  和田竜二 4


 期待通りに逃げ粘ってくれたことも、年間回収率が100%を超えたこともかなり嬉しかったのですが、ただどうせならマイラーズCの方も素直にグァンチャーレを選んで2レース共に的中となっていればな~という悔しい気持ちも強くなってしまうのですよねェ。


  (○複勝:9 5.4倍)  ○的中!  1,000円 → 5,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  5/14  35.7%  +7,140円  149.6%

☆19年通算   >  17/70  24.3%   +340円  100.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島牝馬S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京プリンセス賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月20日 (土)

◎福島牝馬S(2019年)穴馬予想&結果


< 4月20日(土)に行われる福島牝馬ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島牝馬ステークス】


 福島の芝1800mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 GIの谷間の週の土曜のローカル重賞ということで注目度はかなり低そうではありますが、そういったレースこそしっかりと当てていきたいところですね。

 それでここは、カワキタエンカを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースでは、前走で中山牝馬Sを制したことで1番人気に推されつつクビ差2着と好走したものの、その後はほとんどのレースで二ケタ着順となるなど結果を出せていません。

 ただ逃げ馬が負ける時は大敗となることが多いですし、GI・苦手なマイル戦・初ダート・休み明けなど凡走の言い訳も考えられるので、“中山牝馬S→このレース”と昨年と同じ臨戦過程となったここでの復活もありえるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ カワキタエンカ / 鮫島克駿 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     デンコウアンジュ  柴田善臣 4
 2着 6     フローレスマジック 石橋脩  1
 3着 10    ダノングレース   蛯名正義 2
 4着 7     ペルソナリテ    丹内祐次 9
 5着 9     ミッシングリンク  丸山元気 8

 9着 4  ◎ カワキタエンカ   鮫島克駿 5


 まあメンバー的にそうなる可能性がかなり高いとは思っていましたが、やはり複勝最低オッズが1倍台の馬だけで決まってしまいましたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  4/12  33.3%  +3,740円  130.2%

☆19年通算   >  16/68  23.5%  -3,060円   95.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マリーンC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイラーズC&フローラS(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月17日 (水)

◎マリーンC(2019年)穴馬予想&結果


< 4月17日(水)に行われるマリーンカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリーンカップ】


 船橋のダート1600mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 枠複枠単が発売されない8頭立てと交流重賞にしても少数頭なレースとなりますが、参戦する中央馬3頭(オウケンビリーヴ・アイアンテーラー・リエノテソーロ)は全て昨年の交流重賞を勝っていますし、南関勢の方も中央から移籍後11戦8勝10連対で前走では南関重賞2勝目をあげたラーゴブルーに、条件戦ながら逃げて4連続圧勝のチークスと一発ありそうな馬がいるので、頭数は少ないながら少数精鋭といった感じでしょうか。

 それで今回の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、やはり上位人気勢のオッズが動く度に選べる馬やその数が変わってしまいそうです。

 なので、オッズがある程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、オウケンビリーヴが2倍台、アイアンテーラーが3倍台、リエノテソーロが4倍台、ラーゴブルーが7倍台、チークスが12倍台(以下90倍以上)となっていました。

 となると、中央馬を入れるのであれば、アイアンテーラーとリエノテソーロのどちらか1頭と、ラーゴブルーとチークスのどちらか1頭の組み合わせの4通りのみとなるので、ここはアイアンテーラーとラーゴブルーの2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ アイアンテーラー / 浜中俊 (7)
  △ ラーゴブルー / 御神本訓史 (6)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  △ ラーゴブルー   御神本訓史 3
 2着 7  ◎ アイアンテーラー  浜中俊   1
 3着 8     リエノテソーロ  大野拓弥  2
 4着 4     ベニアカリ    見越彬央  6
 5着 2     ナムラアヴィ   吉留孝司  7


 当たったことは当たったとはいえ、1番人気だったオウケンビリーヴが(スタート前にゲートから飛び出してしまった際に馬体に故障が出て)レース直前に競争除外になり、その影響でオッズがガクガクッと下がってしまいました....。

 ただアイアンテーラーが勝っていたら(1倍台にまでオッズが下がってしまったため)完全にトリガミだったので、最後にラーゴブルーが差してくれて少しでもプラスになったのは良かったですね。


  (○単勝:6 4.8倍)  ○的中!  1,200円 → 1,920円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  4/11  36.4%  +4,740円  141.6%

☆19年通算   >  16/67  23.9%  -2,060円   97.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アンタレスS&皐月賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島牝馬S(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月14日 (日)

◎アンタレスS&皐月賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月14日(日)に行われるアンタレスステークス(GIII)皐月賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アンタレスステークス】

 阪神のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、ピオネロを◎にしてみましょう。

 最近は重賞で走っていないものの、これまでに(交流重賞を含む)重賞で何度も馬券圏内に入った実績がありますし、近走で大敗したのも馬体重が大幅増だったレースくらいとOPレベルでは安定感があるので、最内を活かせる走りが出来ればここでの一発もあるのでは。


  ◎ ピオネロ / 荻野極 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     アナザートゥルース 大野拓弥 6
 2着 4     グリム       浜中俊  2
 3着 3     ロンドンタウン   吉田隼人 3
 4着 10    ウェスタールンド  北村友一 1
 5着 5     ナムラアラシ    幸英明  7

 7着 1  ◎ ピオネロ      荻野極  9


 アナザートゥルースは、予想している時に“兄がサウンドトゥルーで名前もそれに関連している”ということを初めて知って気になってはいたのですよね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【皐月賞】

 中山の芝2000mで行われる3歳重賞(GI)です。

 クラシック第1戦は中央・南関問わずなぜか相性良くて、この皐月賞もここ5年中4年で的中(現在2年連続的中)しているのですが、今年は中央・南関どちらの桜花賞も外してしまったので、このレースも自信は持てないですね....。

 そして、狙ってみたい馬が何頭もいるのでレース後に“あ~あっちの馬が正解だったか....”となりそうではありますが、ここはクラージュゲリエを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った後は札幌2歳Sで3着、京都2歳Sで1着、共同通信杯で3着と、重賞でも馬券圏を外していない安定した馬で、近2走は33秒台、3走前は36秒台ながら最速と堅実な上がりの速さがありますし、前走は今回も人気勢となっている2頭に離されたとはいえ条件が変わり一叩きされたことでその差を詰め逆転できるだけの力はありそうなので、(一筋縄ではいかない按上も含めて)この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ クラージュゲリエ / 横山典弘 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    サートゥルナーリア ルメール  1
 2着 7     ヴェロックス    川田将雅  4
 3着 4     ダノンキングリー  戸崎圭太  3
 4着 1     アドマイヤマーズ  M.デムーロ 2
 5着 6  ◎ クラージュゲリエ  横山典弘   14


 結果的に人気上位4頭で4着まで占めたので、14番人気の◎馬がその次の5着に入ったということは、(馬券は外れたとはいえ)“皐月賞が得意な穴狙い予想”としての面目は一応保てたのではないですかね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  3/10  30.0%  +4,020円  139.4%

☆19年通算   >  15/66  22.7%  -2,780円   95.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アーリントンC&中山グランドJ(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マリーンC(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月13日 (土)

◎アーリントンC&中山グランドJ(2019年)穴馬予想&結果


< 4月13日(土)に行われるアーリントンカップ(GIII)中山グランドジャンプ(J・GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アーリントンカップ】

 阪神の芝1600mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 ここは、トオヤリトセイトを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った後は500万下で4着・1着ということで今回が初重賞挑戦となりますが、3レース全て上がり最速を記録するなど重賞でも通用するポテンシャルを持っている可能性はありそうです。

 ただ心配なのはマイル戦が初(これまでの3レースはいずれも1400m)なのと展開に左右されやすい追い込み脚質ということで、とはいえ人気もないですし狙ってみるだけの価値はあるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ トオヤリトセイト / 福永祐一 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     イベリス      浜中俊   12
 2着 10    カテドラル     シュタルケ 7
 3着 11 ◎ トオヤリトセイト  福永祐一  11
 4着 6     ニシノカツナリ   武藤雅   6
 5着 15    ユニコーンライオン 岩田康誠  5


 上位大激戦となりましたが、その中でよくぞ3着にはいってくれました.....。


  (○複勝:11 7.2倍)  ○的中!  1,000円 → 7,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中山グランドジャンプ】

 中山の芝4250mで行われる障害重賞(J・GI)です。

 平地GI・有馬記念出走を経て障害路線に戻ってきたオジュウチョウサンが、長年障害GIで戦ってきたライバル・アップトゥデイトが長期離脱でいない中でどんな走りを見せるのか、そしてオジュウチョウサン不在で行われた昨年末の障害GI・中山大障害の1~5着馬の中からオジュウチョウサンに土を付ける馬が現れるのか、といった感じで見所が多くてレースを観るのが今からかなり楽しみな障害GIですね。

 そしてこれを書いている時点では上位人気4頭の複勝最低オッズが1倍台となっているため、穴として狙うのは5番人気以降の馬となりまして、となればやはり昨年の中山大障害の4・5着馬であるシンキングダンサーミヤジタイガのどちらか狙いになるかな、とも思いましたが、ここはあえて7着だったルペールノエルを◎にしてみましょう。

 中山大障害の7着に続いて、前走の阪神スプリングJでも9着と大敗続きではありますが、ただ前走は休み明けで馬体重プラス18kgと明らかに叩き出したし、昨年の中山大障害こそ結果が出なかったものの、3年前の中山大障害で3着、2年前の中山GJで5着&中山大障害で3着、昨年の中山GJで4着と、その前には大障害レースで安定した走りを見せていましたし、その経験値がここで活かされての復活も大いにあるのではないかということで、この馬に期待することに。


  ◎ ルペールノエル / 高田潤 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     オジュウチョウサン 石神深一 1
 2着 3     シンキングダンサー 金子光希 6
 3着 4     マイネルプロンプト 森一馬  4
 4着 6     ラピッドシップ   北沢伸也 8
 5着 10    タイセイドリーム  平沢健治 3

 7着 8  ◎ ルペールノエル    高田潤  7


 ここに書く直前までは中山大障害の4・5着馬のどちらかにしようと考えていたし、この2頭だったらシンキングダンサーの方だな~とも思っていたので、素直にこの馬を狙っていればよかったですね....(かなり悔しい外し方となってしまいました)。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  3/8   37.5%  +6,020円  173.4%

☆19年通算   >  15/64  23.4%   -780円   98.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京スプリント(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アンタレスS&皐月賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月10日 (水)

◎東京スプリント(2019年)穴馬予想&結果


< 4月10日(水)に行われる東京スプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スプリント】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 今回も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、やはり短距離路線だと地方馬も含めてオッズが混戦となるので、これを書いている時点以降にオッズが大きく動きそうです。

 なので、オッズが在る程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、コパノキッキングとヒロシゲゴールドが2倍台、ホウショウナウが4倍台、キタサンミカヅキが7倍台、それ以降が30倍以上となっていました。

 なのでここは、素直に3・4番人気のホウショウナウとキタサンミカヅキ、それとキャンドルグラスとショコラブランの南関馬2頭もえらんでみましょう。


  ◎ キタサンミカヅキ / 森泰斗 (8)
  △ キャンドルグラス / 御神本訓史 (1)
  △ ショコラブラン / 戸崎圭太 (4)
  △ ホウショウナウ / M.デムーロ (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8  ◎ キタサンミカヅキ 森泰斗   4
 2着 6     コパノキッキング 藤田菜七子 2
 3着 7     ヒロシゲゴールド 武豊    1
 4着 4  △ ショコラブラン  戸崎圭太  6
 5着 16    テーオーヘリオス 浜中俊   8


 終わってみたら、3・4番人気の2頭だけにすればよかったな~と思ってしまいますねェ。


  (○単勝:8 7.8倍)  ○的中!  1,200円 → 3,120円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  2/6   33.3%   +820円  113.2%

☆19年通算   >  14/62  22.6%   -5,980円  90.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ブリリアントC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アーリントンC&中山グランドJ(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 9日 (火)

◎ブリリアントC(2019年)穴馬予想&結果


< 4月9日(火)に行われるブリリアントカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ブリリアントカップ】

 大井のダート1800mで行われる南関重賞(SIII)です。

 昨年から重賞に昇格したレースで、今年からは2000mから1800mに変更されてと、ここ数年でレース状況が大きく変わっているのですが、SIIIとは思えないほどの豪華メンバーが集まっているのは昨年と同様(昨年以上?)ですね。

 それでここはクリスタルシルバーを◎にしてみましょう。

 昨年は東京ダービーでクビ差2着、黒潮盃でアタマ差2着と惜しくも勝利を逃したレースが続いたとはいえ、マイルグランプリでは古馬(しかも今回も人気の一角となっているヒガシウィルウィンなど)に競り勝ち勝利していますし、上位2頭が直後に古馬相手に交流GIを制するなどレベルの高かったJダートダービーで0.3秒差4着と好走するなど、確かな実力があることはすでに証明されています。

 ただ2走前の勝島王冠での凡走は気になるものの、まあ前走は初の58kgを背負って重賞で馬券圏内に来ているので大丈夫だろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ クリスタルシルバー / 的場文男 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     キャプテンキング  坂井英光 4
 2着 16    タービランス    赤岡修次 3
 3着 9  ◎ クリスタルシルバー 的場文男 5
 4着 8     ヒガシウィルウィン 森泰斗  2
 5着 15    ディアデルレイ   本田正重 9


 まあSIIIでこの馬を穴として◎に出来た時点でラッキーでしたね。


  (○複勝:9 3.9倍)  ○的中!  1,000円 → 3,900円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  1/5   20.0%   -1,100円  78.0%

☆19年通算   >  13/61  21.3%   -7,900円  87.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎桜花賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京スプリント(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 7日 (日)

◎桜花賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月7日(日)に行われる桜花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【桜花賞】

 阪神の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 いよいよ中央もクラシックが開幕しますが、第1戦である桜花賞と皐月賞はどちらも不思議と相性良く毎年のように当てているので(その一方で第3戦の秋華賞と菊花賞はほとんど当たっていません)、今年も相性通りに当てたいですね。

 それでどの馬を選ぼうかかなり悩んだものの、ここはエールヴォアを◎にしてみましょう。

 前々走の500万下が2000m、前走のフラワーCが1800mなのでどちらかといえばオークス狙いなのかもしれませんが、前々走は牡馬相手に逃げ切り勝ちし、前走は中段から脚を伸ばして重賞で2着と、脚質の自在性がありつつ高めのレベルで結果を出していますし、マイルでも2歳時に重賞で3着の実績があるので、内枠を活かして好走できる一番の穴馬はこの馬なのではないかと予想してみました。


  ◎ エールヴォア / 松山弘平 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  0/1   .0.0%   .-1,000円   0.0%

☆19年通算   >  12/57  21.1%   -7,800円  86.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ブリリアントC(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 6日 (土)

◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2019年)穴馬予想&結果


< 4月6日(土)に行われるサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)ニュージーランドトロフィー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】

 阪神の芝1600mで行われる牝馬重賞(GII)です。

 ここは、クロコスミアを◎にしてみましょう。

 昨年のGI・エリザベス女王杯ではクビ差2着となってアッと驚かせたものの、前走の中山牝馬Sでは6着に敗れましたが、ただこの時は香港遠征帰りからの休み明けで馬体重15kg増と万全の状態ではなかったうえでの(6着ながら)0.1秒差だったことを考えれば悪くない内容だったのでは。

 あと今回は久々のマイル戦であることが不安要素であるとはいえ、200m長いだけの1800m戦では普通に好走していますし、前回走ったマイル戦である2年前のこのレースでも4着と(馬券圏外ながら)好走しているので、エリザベス女王杯の時に当てさせてもらったこともあって再度この馬に期待することに。


  ◎ クロコスミア / 岩田康誠 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ニュージーランドトロフィー】

 中山の芝1600mで行われる3歳重賞(GII)です。

 ここは、カルリーノを◎にしてみましょう。

 今年に入って早くも5戦目、しかも連闘となりますが、それだけ今回勝負にきていることが窺えますし、2歳時には重賞で2度も馬券に絡んだ実績もあるので、この馬に期待してみることに。


  ◎ カルリーノ / 石川裕紀人 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  0/1   .0.0%   .-1,000円   0.0%

☆19年通算   >  12/57  21.1%   -7,800円  86.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラウンC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎桜花賞(2019年)穴馬予想&結果

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ