サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログ情報

にほんブログ村2

カテゴリー「05.競馬(穴馬)予想」の記事

2020年1月25日 (土)

◎東海S&アメリカJCC(2020年)穴馬予想&結果


< 1月26日(日)に行われる東海テレビ杯東海ステークス(GII)アメリカジョッキークラブカップ(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東海テレビ杯東海ステークス】


 京都のダート1800mで行われる重賞(GII)です。

 8年ぶりに京都で開催される東海Sですが、ここはキングズガードを◎にしてみましょう。

 2017年以来勝ちがないとはいえ、近走も2走前のみやこSで2着に入り、3走前のシリウスSは0.3秒差5着、前走のGI・チャンピオンズCも5着で掲示板に入るなど、安定した走りを見せています。

 そして今回は比較的相性の良い京都でのレースなので、前残りの展開にさえならなければ確実に上位争いに加われると思いますし、9歳という年齢から人気にもなりにくいこともあって、この馬に期待してみることに。


  ◎ キングズガード / 秋山真一郎 (14)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アメリカジョッキークラブカップ】


 中山の芝2200mで行われる重賞(GII)です。

 ここは、牝馬のウラヌスチャームを◎にしてみましょう。

 前走のGI・エリザベス女王杯は11着、前々走の京都大賞典は7着と結果は出ていないものの、どちらのレースも上位の上がりタイムがあまり変わらないような展開だったため、後方の位置取りの時点で結果を残すには厳しいレースでした。

 ただ今回自慢の末脚が活きる展開となるのであれば、ハナ差で2着だった4走前の中山牝馬Sや0.2秒差4着だった3走前のクイーンSのように上位争いに食い込めると思いますし、1年前の1月には同じ中山2200mで行われた条件戦(とはいえ昨年に福島記念を制し今年の中山金杯で1番人気になったクレッシェンドラヴもいたレース)で勝利した実績があることから、この馬に期待してみることに。


  ◎ ウラヌスチャーム / ミナリク (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  4/11   36.4%  +6,320円  156.4%

☆20年通算   >  4/11   36.4%  +6,320円  156.4%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎TCK女王盃(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎川崎記念(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月22日 (水)

◎TCK女王盃(2020年)穴馬予想&結果


< 1月22日(水)に行われるTCK女王盃(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【TCK女王盃】


 大井のダート1800mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 今年最初の交流重賞なのでまず当てて勢いに乗りたいところですが、今年の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいってみましょう。

 そしてこれを書いている時点においては、単勝オッズが開き気味なので人気の並びはそう動かなそうだけれど、これからのオッズの変動によってどの馬を狙えるかが変わってきそうなので、ここはある程度オッズが固まって来てから最終予想を決めることにし、それをレース30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]

 レース約30分前のオッズを確認したところ、アンデスクイーンとファッショニスタが2倍台だったのでこの2頭はオッズ的に狙えず。

 なのでここは、3~5人気馬の3頭狙いでいってみましょう。


  ◎ メモリーコウ / 古川吉洋 (9)
  △ クレイジーアクセル / 吉原寛人 (6)
  △ マドラスチェック / 森泰斗 (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  1,200円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  4/11   36.4%  +6,320円  156.4%

☆20年通算   >  4/11   36.4%  +6,320円  156.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎日経新春杯&京成杯(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東海S&アメリカJCC(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月19日 (日)

◎日経新春杯&京成杯(2020年)穴馬予想&結果


< 1月19日(日)に行われる日経新春杯(GII)京成杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【日経新春杯】


 京都の芝2400mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 今年に入ってからの中央重賞は、◎馬が4レース全て5着以内に入りながら当たり(3着以内)はゼロという何とももどかしい結果が続いていたものの、昨日の愛知杯でようやく◎馬が3着以内に入ってくれたので、このまま連続的中といきたいところですね。

 それでここは、ロードヴァンドールを◎にしてみましょう。

 好走する時は馬券圏内にも来るけれどダメな時は大敗が多いという戦績の波が激しい馬で、このレースでも2年前には2着に入っているのに昨年は13着と対照的な結果となっています。

 ただ、前走の中日新聞杯(13着)や昨年のこのレースのように前に行った馬に厳しい展開だと大敗してしまうけれど、前残りの展開になれば2年前のこのレースや昨年のGII・阪神大賞典(3着)のように上位争いに加われますし、たとえ前に厳しい展開となったとしても昨年の七夕賞(3着)や前々走のOP(0.2秒差4着)のように粘り込めるだけの力はあるので、この馬の穴馬らしい一発力に期待してみることに。


  ◎ ロードヴァンドール / 太宰啓介 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     モズベッロ     池添謙一  2
 2着 4     レッドレオン    北村友一  5
 3着 8     エーティーラッセン 藤懸貴志  11
 4着 7     タイセイトレイル  川田将雅  4
 5着 14    プリンスオブペスカ 藤井勘一郎 10

10着 9  ◎ ロードヴァンドール 太宰啓介  9


 逃げ馬の直後の2番手というポジションでしたが、早めに後続に被せてこられたので、逃げ馬が3着に残ったとはいえ◎馬にとっては厳しい展開となってしまいましたね...。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京成杯】


 中山の芝2000mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 こちらのレースは、ディアスティマを◎にしてみましょう。

 この馬は新馬戦を勝った後に条件戦で3着という戦績なのですが、前走は3着とはいえ、後ろから最速の上がりで伸びて来た馬(2着馬)にも完全には差されずにハナ差先着されただけという粘りを見せ、今回人気の一角となっている勝ち馬(逃げきり勝ち)に0.2秒差まで迫っていました。

 それに、新馬戦では後にGI・朝日杯FSで3着に入るグランレイに先着していたりもするので、穴馬勢の中では一番馬券圏内の可能性が高いのではないかと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ ディアスティマ / シュタルケ (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     クリスタルブラック 吉田豊   7
 2着 12    スカイグルーヴ   ルメール  1
 3着 7  ◎ ディアスティマ   シュタルケ 6
 4着 10    ビターエンダー   津村明秀  4
 5着 5     キングオブドラゴン 田辺裕信  8


 直線ではじわじわと伸びて3番手に上がり、鋭い伸び脚で並びかけて来た馬をなんとか凌いでクビ差先着で3着に入ってくれたのですが、先週までにこの展開で差されて4・5着というパターンが多かったこともあって喜びもひとしおでした。


  (○複勝:7 3.2倍)  ○的中!  1,000円 → 3,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  3/10   30.0%  +5,300円  153.0%

☆20年通算   >  3/10   30.0%  +5,300円  153.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎愛知杯(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎TCK女王盃(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月18日 (土)

◎愛知杯(2020年)穴馬予想&結果


< 1月18日(土)に行われる愛知杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【愛知杯】


 小倉の芝2000mで行われる牝馬ハンデ重賞(GIII)です。

 今年の中央重賞のこれまで4レースは◎馬が全て掲示板に載っているのですが、それぞれ10・8・7・9番人気の穴馬なことを考えれば、これらの馬が全て5着以内という結果はなかなか鋭い予想であったと我ながら思うのです。

 ただ問題なのは、この4頭がみな掲示板に載ったとはいえいずれも4・5着、つまり1レースも当たっていないことでして、しかも4頭中3頭が3着馬と0.2秒差以内という惜しすぎて悔しい外し方だったので、そろそろ(惜しい止まりは卒業して)気持ち良く当てたいところなのですけどね。

 それでこの愛知杯なのに今年は小倉で開催されるレースですが、ここはレイホーロマンスを◎にしてみましょう。

 中京開催だった2年前のこのレースで11番人気ながら2着に入った実績があるものの、もう約2年ほど馬券に絡めていないのですが、ただ小倉記念と中日新聞杯での4着など重賞でもあと一歩の走りを見せています。

 それに今年初戦となった前走の長距離OP・万葉Sでも3着馬と半馬身差/2着馬と1馬身差の4着と好走していますし、中2週間で疲労が取れているのであればハンデの軽さもあってここでも充分にチャンスはありそうなので、この馬に期待してみることに。


  ◎ レイホーロマンス / 酒井学 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     デンコウアンジュ  柴田善臣 9
 2着 6     アルメリアブルーム 武豊   5
 3着 3  ◎ レイホーロマンス  酒井学  11
 4着 14    フェアリーポルカ  和田竜二 6
 5着 2     センテリュオ    ルメール 1


 今年に入ってからの中央重賞は◎馬が全て掲示板に載りながら全て外れという哀しい結果が続いていた中、ようやく3着以内に入ってくれましたし、しかも11番人気馬での的中、さらに他にも穴馬が馬券圏内に来てくれたおかげで高配当となったので、これまでの悔しさもきれいに晴れました....。

 そして今年の中央重賞連続掲示板入りも継続となったものの、やはり“4・5着になろうが大敗しようが結果は外れで同じことなんだ”というのを改めて実感しましたね。


  (○複勝:3 9.2倍)  ○的中!  1,000円 → 9,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  2/8   25.0%  +4,100円  151.3%

☆20年通算   >  2/8   25.0%  +4,100円  151.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ニューイヤーC(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎日経新春杯&京成杯(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月15日 (水)

◎ニューイヤーC(2020年)穴馬予想&結果


< 1月15日(水)に行われるニューイヤーカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ニューイヤーカップ】


 浦和のダート1600mで行われる南関3歳重賞(SIII)です。

 南関の3歳重賞は基本的に道営馬か元道営馬を狙うようにしているので、ここはモリデンスターを◎にしてみましょう。

 道営時代には重賞の出走はなかったとはいえ、デビュー戦(8頭立て7着)を除けば6戦3勝5連対(4着1回)と安定した結果を残していて、南関移籍初戦となった前走もハナ差ながら勝利していますし、初距離さえ問題なければここでも充分にチャンスはあるのでは。

 なお、もしも複勝最低オッズが1倍台となりそうだった場合には◎馬を変えるかもしれません。


  ◎ モリデンスター / 保園翔也 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     グリーンロード   森泰斗  1
 2着 4     マンガン      山崎誠士 4
 3着 3     ファルコンウィング 左海誠二 2
 4着 7     チョウライリン   的場文男 3
 5着 5  ◎ モリデンスター   保園翔也 5


 ハイペースで飛ばした人気馬2頭の直後についていって、直線でどれだけ粘れるか勝負でしたが、(掲示板には残ったものの)さすがに粘り切れませんでした....。

 そしてそんなページで逃げて圧勝したグリーンロードはちょっと凄すぎでこの後が楽しみですね。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  1/7   14.3%  -4,100円   41.4%

☆20年通算   >  1/7   14.3%  -4,100円   41.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎フェアリーS(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎愛知杯(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月12日 (日)

◎フェアリーS(2020年)穴馬予想&結果


< 1月13日(月・祝)に行われるフェアリーステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【フェアリーステークス】


 中山の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GIII)です。

 まだ2020年の中央重賞初当たりを出していないのでそろそろ当てておきたいところですが、ここはソーユーフォリアを◎にしてみましょう。

 新馬戦で半馬身差2着の後、未勝利戦では逃げて快勝したものの、続く前走の条件戦は0.4秒差4着に敗れたわけですが、(1・2戦目で)連続して33秒台の上がりを出せる脚はあるので、内枠を活かして先行の良いポジションを取ることが出来れば展開次第で重賞のここでも一発あるのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ ソーユーフォリア / 武藤雅 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     スマイルカナ    柴田大知  3
 2着 8     チェーンオブラブ  石橋脩   7
 3着 5     ポレンティア    池添謙一  5
 4着 10    シャインガーネット マーフィー 2
 5着 3  ◎ ソーユーフォリア   武藤雅  9


 逃げ馬の直後の2・3番手の内側という期待通りのポジションで、直線でも粘っていたので“どうかこのままで!!”と祈るように見ていたのですが、やはり今回もゴール直前で交わされて3着馬とは僅差の5着という結果に...。

 これで今年の中央重賞のこれまで4レースは◎馬が全て掲示板に載っていて、それぞれ10・8・7・9番人気ということを考えればなかなか鋭い予想であったと思うのですが、いずれも4・5着で結局1レースも当てていないのだから何ともやるせない気持ちになってしまいますね....。


  (○複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  1/6   16.7%  -3,100円   48.3%

☆20年通算   >  1/6   16.7%  -3,100円   48.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎シンザン記念(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ニューイヤーC(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月11日 (土)

◎シンザン記念(2020年)穴馬予想&結果


< 1月12日(日)に行われる日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【日刊スポーツ賞シンザン記念】


 京都の芝1600mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 2020年最初の3歳重賞となりますが、ここはヴァルナを◎にしてみましょう。

 前走の重賞・京都2歳Sは9頭立てで最下位(4.2秒差)という結果だったものの、前々走の重賞・京王杯2歳Sでは3着(勝ち馬は次走のGI・朝日杯FSで2着)と好走していることから、前走は最速でも35.9秒という上がりのかかる展開(馬場)だったのが凡走の理由だったのであれば、今回は前々走と同様の結果に返り咲けるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ ヴァルナ / 福永祐一 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     サンクテュエール ルメール 2
 2着 6     プリンスリターン 原田和真 5
 3着 3     コルテジア    松山弘平 9
 4着 5     オーマイダーリン 武豊   4
 5着 2  ◎ ヴァルナ      福永祐一 7


 ◎馬は逃げ粘っていたものの、ゴール前で交わされて3着馬と僅差の5着という結果に....。

 ただそれよりも、穴馬としてはGI・朝日杯FSで5着のプリンスリターンを普通なら狙うべきだろうと(予想を終えた後や、なんならレース直前にも)思っていたのですが、予想していた時の複勝最低オッズが2倍ちょうどだったので、この後1倍台に下がる可能性を考えると狙えなかったのですよね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  1/5   20.0%  -2,100円   58.0%

☆20年通算   >  1/5   20.0%  -2,100円   58.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎船橋記念(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎フェアリーS(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月 8日 (水)

◎船橋記念(2020年)穴馬予想&結果


< 1月8日(水)に行われる船橋記念(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【船橋記念】


 船橋のダート1000mで行われる南関重賞(SIII)です。

 19:15という南関重賞としては中途半端に感じる時間に発走となるレースですが、ここはタガノヴィッターを◎にしてみましょう。

 この馬は昨年の10月まで中央に所属していて、中央時代には重賞出走経験はなくOPにも上がっていなかったとはいえ、ちょうど1年前の3着を始めとして1600万下では何度も馬券に絡む活躍を見せていました。

 南関移籍後はすでに2戦していて、いずれも8着と結果が出ていないものの、前走は南関短距離界の実績上位勢が何頭もいた重賞でしたし、今回と同じ船橋1000mで行われた前々走では上がりタイム1位を出しているので、あまり後方過ぎな位置取りにならずに前残りにもならない展開であればそろそろ南関の舞台でも自慢の末脚が炸裂するのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ タガノヴィッター / 真島大輔 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     キャンドルグラス 御神本訓史 2
 2着 11    ノブワイルド   左海誠二  1
 3着 13    ストロングハート 笹川翼   6
 4着 12    ラディヴィナ   張田昴   9
 5着 5     ラブミークン   藤本現暉  3

 6着 4  ◎ タガノヴィッター 真島大輔  11


 やはりこのレベルのメンバーだと、短距離戦で道中ほぼ最後方の位置取りからではさすがに上位争いに加わるのは厳しいですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  1/4   25.0%  -1,100円   72.5%

☆20年通算   >  1/4   25.0%  -1,100円   72.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎中山金杯&京都金杯(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎シンザン記念(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月 5日 (日)

◎中山金杯&京都金杯(2020年)穴馬予想&結果


< 1月5日(日)に行われる日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【日刊スポーツ賞中山金杯】


 中山の芝2000mで行われる重賞(GIII)です。

 南関と中央の年初め重賞である報知オールスターC&両金杯は昔から何故か不思議と相性が良くて毎年のように当たっていたものの、ここ2年はいずれのレースも外してしまい幸先の悪いスタートに....。

 しかし今年はまず報知オールスターCを当ててすでに2020年初当たりを果たしているので、この両金杯も当ててさらなるスタートダッシュといきたいところですね。

 それで中山の方の金杯は、ノーブルマーズを◎にしてみましょう。

 2年前のGI・宝塚記念で12番人気ながら3着に入り驚かせた馬で、その後は10レース走って馬券圏内は昨年の小倉記念での3着のみとはいえ、GIIで2度4着があるなど惜しい走りは見せていますし、前走のチャレンジCでも8着ながら0.4秒差だったので、内枠先行が活きる展開になれば充分にチャンスはあるとみて、この馬に期待してみることに。

 ちなみに、同じ内枠先行型であるブラックスピネルとどちらにしようか最後まで悩み、中山での勝利経験があることでノーブルマーズを最終的に選んだのですが、この選択がどう出ますでしょうか....。


  ◎ ノーブルマーズ / ミナリク (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     トリオンフ    M.デムーロ 2
 2着 8     ウインイクシード 松岡正海  6
 3着 1     テリトーリアル  藤岡康太  11
 4着 4  ◎ ノーブルマーズ  ミナリク  10
 5着 6     マイネルハニー  横山武史  15


 わずかクビ差での4着という結果に....。

 新年早々この外し方は心底ガックリ来てしまいますし、この悔しさはかなり後まで引きずってしまいそうですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スポーツニッポン賞京都金杯】


 京都の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 京都の方の金杯は、ブレステイキングを◎にしてみましょう。

 新馬戦を除けば全て掲示板に載っていて馬券圏外も2レースのみという安定感のある馬で、2年前の3歳重賞・セントライト記念では3着馬とハナ差の4着、前走のチャレンジCでは3着と、重賞はまだ2回しか走っていないもののどちらも好走しています。

 ただこれまでは1800~2200mの距離を走ってきたので、初のマイル戦(1600m)となるのが不安ではあるとはいえ、それが理由で人気が上がらないのであれば狙ってみるだけの価値はあるだろうということで、この馬に期待することに。


  ◎ ブレステイキング / 藤岡佑介 (14)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     サウンドキアラ   松山弘平 3
 2着 6     ダイアトニック   北村友一 2
 3着 7     ボンセルヴィーソ  太宰啓介 14
 4着 18    ソーグリッタリング 川田将雅 4
 5着 14 ◎ ブレステイキング   藤岡佑介 8


 道中後方の位置取りでいつも間にか内から伸びて来ていたのですが、残念ながら掲示板止まりでした....。

 まあ両金杯共に狙い所は悪くなかったと思うものの、やはり外れてしまっては同じなので、次で中央初当たり出来るように頑張るしかないですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  1/3   33.3%   -100円   96.7%

☆20年通算   >  1/3   33.3%   -100円   96.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎報知オールスターC(2020年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎船橋記念(2020年)穴馬予想&結果

2020年1月 3日 (金)

◎報知オールスターC(2020年)穴馬予想&結果


< 1月3日(金)に行われる報知オールスターカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【報知オールスターカップ】


 川崎のダート2100mで行われる南関重賞(SIII)です。

 2020年の競馬始めも、もちろんこのレースからとなります。

 かつては8年連続で生観戦したり、不思議と相性良くて結構な割合で的中するなど思い入れの強いレースですが、最近は3年連続で当たっていないので(昨年は◎馬がアタマ差で4着....)、今年こそはなんとか当てて幸先良い2020年のスタートを飾りたいですね。

 それでここは、タービランスを◎にしてみました。

 この馬は元々は道営馬なのですが、秋になると道営に戻り、年を越すと南関に帰って来る、というのを毎年繰り返しているという珍しい馬で、行ったり来たりを続けながらもこれまで馬券圏を外したのは交流重賞の2レースのみという驚異の安定感を保っています。

 ただ、昨年の東京ダービー馬のヒカリオーソ、元中央所属のGI馬・サウンドトゥルーオールブラッシュ、昨年の交流GI・JBCクラシックで中央馬相手に3・5着と健闘したセンチュリオンストライクイーグル、昨年のこのレースの覇者・ヤマノファイトなどなど今年は超強力な相手がズラリと揃っているので、さすがに今回は厳しいかな?とも思うものの、この馬も昨年のこのレースでハナ差2着という実績がありますし、このレベルの相手であっても持ち味の安定感を発揮してくれることに期待してみましょう。


  ◎ タービランス / 笹川翼 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     オールブラッシュ  今野忠成 8
 2着 4  ◎ タービランス     笹川翼  6
 3着 6     ヒカリオーソ    山崎誠士 1
 4着 10    ストライクイーグル 吉原寛人 2
 5着 14    サウンドトゥルー  矢野貴之 4


 これで2年連続でハナ差2着という馬的にはかなり残念な結果となりましたが、ただ複勝狙いとしてはこのメンバーの中でも3着以内に入ってくれて、今年最初の予想で当てさせてもらったので、もう感謝しかないですね。


  (○複勝:4 2.9倍)  ○的中!  1,000円 → 2,900円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆20年01月  .>  1/1  100.0%  +1,900円  290.0%

☆20年通算   >  1/1  100.0%  +1,900円  290.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎競馬予想(2019年)反省会 <<< PREV

  NEXT >>> ◎中山金杯&京都金杯(2020年)穴馬予想&結果

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ