サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「04.マリノス関連記事」の記事

2018年6月 9日 (土)

☆ 神戸戦・データボックス>2018年ルヴァンカップPOS第2戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 6/9(土) ルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦

          vs ヴィッセル神戸 (ニッパツ)


  △1-1 (前半0-1、後半1-0)

  主審:山本 雄大  入場者数:6,895人

  .<得点> 0-1 藤田直之     .(神戸・前半13分/公式Youtube動画
         1-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半21分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成しました 。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ノックアウトステージ進出決定】


 プレーオフステージの2試合を「1勝 1分 0敗」で終えたため、ノックアウトステージ進出が決定しました。

 ノックアウトステージ準々決勝は、第1戦が9月5日(水)、第2戦が9月9日(日)に行われます(組み合わせ抽選会は7月29日に開催)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「両指揮官の一手、奏功したのはトリコロール

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「イニエスタの今季ルヴァン出場叶わず…
            神戸は横浜FMに2戦合計3-5で競り負けPO敗退

 (ドメサカブログ) 「ホーム先勝の横浜FMがアウェー戦をドローで凌ぎプレーオフ突破!
             神戸は5年連続のトーナメント進出ならず


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「神戸とドローでルヴァン杯8強入り…第1戦の4得点生かす

 (サンスポ) 「横浜M、攻めのサッカーで神戸下し準々決勝進出

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 神戸戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップPOS第2戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年6月 8日 (金)

☆ 神戸戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップPOS第2戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/9(土) 14:00~ YBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦

     vs ヴィッセル神戸 (ノエビアスタジアム神戸)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップグループステージの最終順位 >>

  マリノス(Aグループ):「 2位 3勝 2分 1敗 勝点 11  10得 8失 得失 +2 」
  神戸  (Dグループ):「 1位 3勝 2分 1敗 勝点 11  13得 8失 得失 +5 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 13位 4勝 5分 6敗 勝点 17  23得 24失 得失 -1 」
  神戸  :「  6位 6勝 4分 5敗 勝点 22  23得 17失 得失 +6 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 神戸戦は、公式戦通算で「22勝 13分 12敗」、リーグ戦通算では「20勝 11分 8敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越しています。

 ホーム・アウェー別では、リーグ戦ホームでの「11勝 4分 4敗」と比べるとリーグ戦アウェーでは「8勝 7分 4敗」と勝率が下がるとはいえ勝ち越していて、2012年以降のリーグ戦アウェーは「3勝 2分 0敗」で負けなし中。

 ただ、神戸がJ1に復帰した2014年から昨年までの4年間で、リーグ戦では8戦負けなし(5勝 3分 0敗)なのに対し、リーグ戦以外の公式戦(ナビスコカップ/ルヴァンカップ/天皇杯)は3戦全敗と、近年はリーグ戦かそうでないかで相性がはっきりと分かれた傾向となっているのですが、今年のリーグ戦は●1-2で敗れ、ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦は○4-2で勝利と、今年は最近の相性とは逆の結果となっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成します 。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します 。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算158試合出場となり、奥大介(02-06)を抜いてマリノス歴代単独31位となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算82試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ノックアウトステージ進出が決まる条件】


   * 第1戦(ホーム)の結果 : ○4-2


 [ 今回の試合(第2戦/アウェー)の結果 ]

     ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

  ○ ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  △ ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  ●(1点差) ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  ●(マリノスが3ゴール以上の2点差) ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  ●(2-4) ・・・ 延長戦(それでも決まらない場合はPK戦)

  ●(マリノスが1ゴール以下の2点差) ・・・ 敗退決定

  ●(3点差以上) ・・・ 敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 神戸 : なし

 【代表参加のため欠場】
           マリノス: ミロシュ デゲネク、遠藤渓太
           神戸  : チョン ウヨン、キム スンギュ、藤谷壮

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 喜田拓也、(下平匠)

 【ニューヒーロー賞:第2回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス: 山田康太
           神戸  :

 【日本代表】  マリノス:
           神戸  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .神戸  : 藤谷壮

 【U-19代表】  マリノス: 生駒仁、堀研太
          .神戸  : 佐々木大樹

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           神戸  : 那須大亮、ハーフナー マイク、渡邉千真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  神戸オフィシャル

 【チケット情報】  神戸オフィシャル

 【試合プレビュー】  「2-4で迎える“後半戦”。
               神戸のカギは攻撃面の修正(Jリーグ公式サイト)


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「[横浜FM]気合いを入れ直す金井貢史。
      神戸戦で見せるのは「サポーターが“マリノスロス”になるような試合」」 (6/7)


 【TV中継】 (生) 06/09(土) 13:50~  スカサカ!

        (録) 06/10(日) 18:00~  スカチャン1

            06/12(火) 09:40~  フジテレビNEXT
            06/12(火) 19:30~  スカサカ!

            06/15(金) 06:10~  フジテレビNEXT

            06/16(土) 25:00~  スカサカ!

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 神戸戦・データボックス>2018年ルヴァンカップPOS第2戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年6月 6日 (水)

☆ FC大阪戦・データボックス>2018年天皇杯2回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 6/6(水) 天皇杯 2回戦 vs FC大阪 (ニッパツ)


  ○4-3 (前半2-2、後半2-1)

  主審:高山 啓義  入場者数:3,096人

  .<得点> 1-0 イッペイ シノヅカ (横浜・前半03分)
         1-1 江坂巧       .(大阪・前半08分)
         1-2 南部建造      (大阪・前半12分)
         2-2 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・前半22分)
         2-3 ジュニーニョ    (大阪・後半01分)
         3-3 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半32分)
         4-3 伊藤翔       (横浜・後半42分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 仲川輝人が、天皇杯通算1回目の警告を受けたため、次に天皇杯で警告を受けると1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合は天皇杯のみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算250試合出場達成にリーチとなりました 。

 伊藤翔が、マリノス所属時公式戦通算157試合出場となり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代31位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時天皇杯通算21試合出場となり、榎本哲也(02-16)と並びマリノス歴代8位タイとなりました。

 金井貢史が、マリノス所属時天皇杯通算16試合出場となり、河合竜二(03-10)・中町公祐と並びマリノス歴代17位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時天皇杯通算16試合出場となり、河合竜二(03-10)・金井貢史と並びマリノス歴代17位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯3回戦進出決定】


 この試合に勝利したため、3回戦進出が決定しました。

 7月11日(水)に行われる天皇杯3回戦では、2回戦でカマタマーレ讃岐(J2)に2-0で勝利した横浜FC(J2)と対戦します(試合会場やキックオフ時間は未定)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) JFATV

    


 (Jリーグ公式) 「10人のFC大阪に苦しむも、
              横浜FMが4ゴールを奪い3回戦へ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「」

 (ドメサカブログ) 「」


 (スポニチ) 「横浜 格下に3失点…「3回戦に進めたことだけがポジティブ」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・ポステコグルー監督、苦戦に笑顔なし
          「次に進んだことだけがポジティブ」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ FC大阪戦・プレビュー>2018年天皇杯2回戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年6月 5日 (火)

☆ FC大阪戦・プレビュー>2018年天皇杯2回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/6(水) 19:00~ 天皇杯 2回戦

     vs FC大阪 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【対戦相手情報】


 FC大阪は、(ガンバ大阪・セレッソ大阪に続いて大阪で3番目となる)Jリーグ加盟を目指しているクラブで、現在はJFL(J3の下のカテゴリー)に所属。

 大阪府代表として参加する今年の天皇杯は、1回戦で徳山大学(山口県代表)と対戦し、3-0で勝利して2回戦に駒を進めています。

 過去の天皇杯では、1回戦でセレッソ大阪(当時J2)との大阪ダービーを○2-1で制し、2回戦の愛媛FC(J2)戦は延長の末■2-3で惜しくも敗戦となるなど、2015年には格上クラブ相手に大健闘して注目を浴びたことも。

 そして昨年の2回戦でもマリノスとFC大阪は対戦していて、前半に富樫敬真、後半に前田直輝と遠藤渓太のゴールで3-0とリードし、アディショナルタイムに舘野俊祐にゴールを奪われるも、○3-1でマリノスが勝利しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します 。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算250試合出場達成にリーチとなります 。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算157試合出場となり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代31位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算21試合出場となり、榎本哲也(02-16)と並びマリノス歴代8位タイとなります。

 金井貢史が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算16試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代17位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算16試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代17位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【3回戦情報】


 この試合に勝利すると、3回戦進出が決定。

 3回戦に進出すると、横浜FC(J2)-カマタマーレ讃岐(J2)戦の勝者と7月11日(水)に対戦します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大阪 : なし

 【代表参加のため欠場】
           マリノス: ミロシュ デゲネク、遠藤渓太

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 喜田拓也、(下平匠)

 【日本代表】  マリノス:
           大阪  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .大阪  :

 【U-19代表】  マリノス: 生駒仁、堀研太
          .大阪  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           大阪  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【チケット情報】  JFA

 【試合プレビュー】  「昨年度と同じ顔合わせ。攻撃陣好調の横浜FMが
               JFL2位・FC大阪を迎撃(Jリーグ公式サイト)


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ FC大阪戦・データボックス>2018年天皇杯2回戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年6月 2日 (土)

☆ 神戸戦・データボックス>2018年ルヴァンカップPOS第1戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 6/2(土) ルヴァンカップ プレーオフステージ 第1戦

          vs ヴィッセル神戸 (ニッパツ)


  ○4-2 (前半2-1、後半2-1)

  主審:佐藤 隆治  入場者数:8,827人

  .<得点> 0-1 ウェリントン     (神戸・前半08分/公式Youtube動画
         1-1 大津祐樹      (横浜・前半23分/公式Youtube動画
         2-1 仲川輝人      (横浜・前半30分/公式Youtube動画
         2-2 渡邉千真      (神戸・後半10分/公式Youtube動画
         3-2 天野純       (横浜・後半24分/公式Youtube動画
         4-2 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半30分/公式Youtube動画

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ノックアウトステージ進出が決まる条件】


 [ プレーオフステージ第2戦の結果 ]

     ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

  ○ or △ ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  ●(1点差) ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  ●(マリノスが3ゴール以上の2点差) ・・・ ノックアウトステージ進出決定

  ●(2-4) ・・・ 延長戦(それでも決まらない場合はPK戦)

  ●(マリノスが1ゴール以下の2点差) ・・・ 敗退決定

  ●(3点差以上) ・・・ 敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMが4ゴールを奪い先勝。
               神戸も貴重なアウェイゴールを得る

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが4発逆転で先勝!
            神戸にAG2発許すもシーソーゲーム制す

 (ゲキサカ) 「“メッシ級”ドリブルで三ツ沢沸かせた横浜FM仲川輝人、
          プロ4年目の覚醒

 (ドメサカブログ) 「4ゴールを挙げた横浜FMがホームで先勝!
             好調の仲川輝人が1G1Aの活躍


 (スポニチ) 「横浜 4発快勝!指揮官満足「選手に自信がつき始めた証拠」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜Mが4発大爆発で神戸に先勝

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 神戸戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップPOS第1戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年5月31日 (木)

☆ 神戸戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップPOS第1戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/2(土) 14:00~ YBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第1戦

     vs ヴィッセル神戸 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップグループステージの最終順位 >>

  マリノス(Aグループ):「 2位 3勝 2分 1敗 勝点 11  10得 8失 得失 +2 」
  神戸  (Dグループ):「 1位 3勝 2分 1敗 勝点 11  13得 8失 得失 +5 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 13位 4勝 5分 6敗 勝点 17  23得 24失 得失 -1 」
  神戸  :「  6位 6勝 4分 5敗 勝点 22  23得 17失 得失 +6 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 神戸戦は、公式戦通算で「21勝 13分 12敗」、リーグ戦通算では「20勝 11分 8敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越しています。

 ホーム・アウェー別では、勝ち越してはいるものの勝率は高くないリーグ戦アウェー(8勝 7分 4敗)に対し、リーグ戦ホームでは「11勝 4分 4敗」と勝率も高く、2008年から昨年までのリーグ戦ホームは「7勝 2分 0敗」と近年は特に得意としていました(ただし今年のリーグ戦ホームは●1-2で敗戦)。

 ただその一方で、神戸がJ1に復帰した2014年から昨年までの4年間で、リーグ戦では8戦負けなし(5勝 3分 0敗)なのに対し、リーグ戦以外の公式戦(ナビスコカップ/ルヴァンカップ/天皇杯)は3戦全敗と、近年はリーグ戦かそうでないかで相性がはっきりと分かれている傾向となっているのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します 。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算157試合出場となり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代31位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 神戸 : なし

 【代表参加のため欠場】
           マリノス: ミロシュ デゲネク、遠藤渓太
           神戸  : チョン ウヨン、キム スンギュ、藤谷壮

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 喜田拓也、(ウーゴ ヴィエイラ)、(下平匠)

 【ニューヒーロー賞:第2回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス: 山田康太
           神戸  :

 【日本代表】  マリノス:
           神戸  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .神戸  : 藤谷壮

 【U-19代表】  マリノス: 生駒仁、堀研太
          .神戸  : 佐々木大樹

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           神戸  : 那須大亮、ハーフナー マイク、渡邉千真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「アウェイゴールは重要だが、トリコロールは
                  攻撃的姿勢を崩さない(Jリーグ公式サイト)


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)


 【TV中継】 (生) 06/02(土) 13:50~  スカサカ!

        (録) 06/03(日) 18:00~  スカサカ!

            06/04(月) 05:00~  スカチャン1
            06/04(月) 24:00~  スカチャン1

            06/05(火) 07:00~  フジテレビNEXT
            06/05(火) 22:00~  スカチャン1

            06/06(水) 15:30~  スカサカ!

            06/07(木) 07:00~  フジテレビNEXT

            06/08(金) 25:00~  スカサカ!

            06/09(土) 09:15~  スカチャン3

            06/13(水) 25:20~  フジテレビNEXT

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 神戸戦・データボックス>2018年ルヴァンカップPOS第1戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年5月19日 (土)

☆ 長崎戦・データボックス>2018年J1リーグ第15節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/19(土) J1リーグ 第15節・V・ファーレン長崎戦 (日産ス)


  ○5-2 (前半1-2、後半4-1)

  主審: 上村 篤史  入場者数:17,379人

  .<得点> 0-1 ファンマ      .(長崎・前半13分/公式Youtube動画
         1-1 大津祐樹     .(横浜・前半21分/公式Youtube動画
         1-2 中村慶太     .(長崎・後半02分/公式Youtube動画
         2-2 仲川輝人     .(横浜・後半15分/公式Youtube動画
         3-2 仲川輝人     .(横浜・後半22分/公式Youtube動画
         4-2 扇原貴宏     .(横浜・後半30分/公式Youtube動画
         5-2 ミロシュ デゲネク (横浜・後半37分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ミロシュ デゲネクが、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、7月18日に行われるJ1リーグ第16節・ベガルタ仙台戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「得点」記録 > 13試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「ホーム得点」記録 > 20試合連続 達成 <マリノス歴代 2位>

  ・「1試合最多得点」記録 > 5得点 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「1試合両チーム合計最多得点」記録 > 7得点 達成 <マリノス歴代 7位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「引き分け」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 8位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 扇原貴宏が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。

 山中亮輔が、Jリーグ(J2/J3も含む)通算100試合出場達成にリーチとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時公式戦通算202試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独22位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算201試合出場となり、齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代13位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 17,379人

  > 長崎戦・ランキング ベスト・1位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 12位 (前節 15位)
         < 4勝 5分 6敗  勝点 17 得点 23 失点 24 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「仲川輝人が攻撃をけん引。横浜FMが長崎に大勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FM爆勝!!
          長崎に2度リード許すも今季最多5ゴールでひっくり返す

 (ドメサカブログ) 「後半のゴールラッシュで横浜FMが逆転勝利!
             長崎を下し4試合ぶり勝利収める


 (スポニチ) 「横浜 今季最多5発&4戦ぶりの勝利!15連戦を白星締め

 (スポニチ) 「横浜5発逆転!仲川2発で貢献
            「序盤は出場機会がなかったけど…」

 (日刊スポーツ) 「横浜FW仲川「ゴールが勝利に」プロ初1試合2発

 (日刊スポーツ) 「横浜デゲネク2戦連弾「自信を持ってW杯へむかう」

 (日刊スポーツ) 「横浜ポステコグルー監督「良い結果に」4戦ぶりV

 (スポーツ報知) 「2年ぶり大量5得点…FW仲川、自身初2得点

 (スポーツ報知) 「新プロジェクト「公式ガールズアドバイザリー」スタート
             …女性ファン拡大目指し

 (サンスポ) 「横浜Mが後半爆発!今季最多5発で長崎に逆転勝ち
          4戦ぶり白星で中断へ

 (サンスポ) 「横浜FMポステコグルー監督、5点大勝にも「まだ点が取れた」

 (サンスポ) 「横浜M・デゲネク、公式戦2試合連発で代表に弾み
          「自信を持ってW杯に行ける」

 (サンスポ) 「“161センチの小兵”が躍動!
           横浜M仲川、苦難乗り越えトリコロールの主軸に

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 長崎戦・プレビュー>2018年J1リーグ第15節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年5月18日 (金)

☆ 長崎戦・プレビュー>2018年J1リーグ第15節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/19(土) 14:00~ J1リーグ 第15節

     vs V・ファーレン長崎 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 15位 3勝 5分 6敗 勝点 14  18得 22失 得失 -4 」
  長崎  .:「 12位 5勝 2分 7敗 勝点 17  19得 21失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 長崎は、昨年のJ2を自動昇格圏の2位で終えたため、今年はクラブ史上初のJ1での戦いを繰り広げているのですが、したがってマリノスとのリーグ戦での対戦は今回が初となります。

 ただこれまで公式戦では長崎と2度対戦していて、まずは長崎が当時JFLに所属していた2009年の天皇杯2回戦(現・トラスタ)で初対戦を迎えて○4-0で完勝(渡邉千真がハットトリック達成)、その翌年の2010年でも天皇杯2回戦(ニッパツ)で対戦し、前半に先制されるも後半に3ゴール奪い○3-1で逆転勝利という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 3試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 13試合連続“得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)
   > 20試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 2位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します。

 扇原貴宏が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算202試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算157試合出場となり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代31位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算201試合出場となり、齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)をと並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代24位タイとなります(ウーゴ ヴィエイラも得点した場合は25位タイ)。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 長崎 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ミロシュ デゲネク、松原健

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: (喜田拓也)

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)

           長崎  : 徳重健太(←神戸)
                 中村北斗(←福岡)
                 徳永悠平(←FC東京)
                 チェ キュベック(←蔚山)
                 黒木聖仁(←甲府)
                 中原彰吾(←札幌)
                 ベン ハロラン(←ハイデンハイム)
                 鈴木武蔵(←新潟)
                 名倉巧(←琉球)

 【日本代表】  マリノス:
           長崎  :

 【U-21代表】  マリノス:
           長崎  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .長崎  :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           長崎  :田代真一、北谷史孝、新里涼(Y)、福田健介(Y)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】   オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「リーグ戦初対峙。伝統の横浜FMか、
                  J1初挑戦の長崎か(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「[横浜FM]「前半から全力で」。18歳の新星、山田康太がインサイドハーフで先発へ」 (5/18)
   > 「横浜山田が中盤起用濃厚「得点狙っていきたい」」 (5/18)

   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsV・ファーレン長崎 5月19日」 (5/17)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)05/19(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 長崎戦・データボックス>2018年J1リーグ第15節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年5月16日 (水)

☆ 新潟戦・データボックス>2018年ルヴァンカップGS第6節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/16(水) ルヴァンカップ グループステージ 第6節

          vs アルビレックス新潟 (ニッパツ)


  ○2-1 (前半2-1、後半0-0)

  主審:今村 義朗  入場者数:6,303人

  .<得点> 1-0 ミロシュ デゲネク (横浜・前半14分/公式Youtube動画
         1-1 ターレス       (新潟・前半23分/公式Youtube動画
         2-1 扇原貴宏      (横浜・前半41分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなりました 。

 扇原貴宏が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなりました 。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算246試合出場となり、野田知(93-98)を抜いてマリノス歴代単独14位となりました 。


  <出場ランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ グループステージ順位 : 2位 (前節 1位)
         < 3勝 2分 1敗  勝点 11 得点 10 失点 8 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【プレーオフステージ進出決定】

 ルヴァンカップグループリーグの全日程を終えて、仙台と勝ち点11の1位で並んだものの、“勝ち点が同一のチーム同士で行った試合”の勝ち点で仙台を下回ったため(仙台:4、マリノス:1)、2位で終了となりました。

 勝ち抜けば決勝トーナメント進出が決まるプレーオフステージでは、Dグループ1位のヴィッセル神戸と対戦します。

  ・第1戦 : 6月2日(土) 14:00~  ホーム(ニッパツ)

  ・第2戦 : 6月9日(土) 14:00~  アウェー(ノエスタ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「扇原の直接FK弾が決勝点。
              横浜FMが2位でグループステージを突破

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「扇原の超絶無回転FKがさく裂!
             横浜FMが新潟に競り勝ちPOステージへ

 (ゲキサカ) 「“金狼”扇原の超絶
          「無回転に蹴ろうと思ったが、アウト気味になった」FKさく裂

 (ゲキサカ) 「「ミスキック」先制点の横浜FMテゲネク、
               豪代表生き残りへ闘志「必ず23人に」

 (ゲキサカ) 「新潟でのデビュー戦は古巣横浜FM戦…
            GK田口潤人が気迫セーブ、飯倉とはユニ交換

 (ドメサカブログ) 「扇原の直接FK弾が決勝点に!
              横浜FMが新潟に競り勝ち2位でプレーオフへ


 (スポニチ) 「横浜 扇原弾で2季ぶり突破「リーグ戦でも狙っていけたら」

 (日刊スポーツ) 「横浜扇原が無回転FKで決勝弾 2年ぶり1次L突破

 (日刊スポーツ) 「横浜扇原、鮮やか無回転の決勝FK「練習していた」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 新潟戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップGS第6節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年5月15日 (火)

☆ 新潟戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップGS第6節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/16(水) 19:00~ YBCルヴァンカップ グループステージ 第6節

     vs アルビレックス新潟 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップの順位 >>

  マリノス:「 1位 2勝 2分 1敗 勝点 8  8得 7失 得失 +1 」
  新潟  :「 3位 2勝 1分 2敗 勝点 7  8得 8失 得失 0 」

   * グループステージが全試合終了するまでは同勝点は同順位としています


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス(J1):「 15位 3勝 5分 6敗 勝点 14  18得 22失 得失 -4 」
  新潟(J2)  :「  8位 6勝 2分 6敗 勝点 20  17得 16失 得失 +1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 昨年はJ1で17位に終わり降格が決定し今年はJ2所属でルヴァンカップに参戦する新潟との対戦ですが、公式戦通算で「18勝 9分 9敗」、リーグ戦通算で「13勝 6分 9敗」と勝ち越していて、(勝てば優勝が決まる試合だった)2013年第33節で敗れて以降は公式戦12試合負けなし(8勝 4分 0敗)とここ4年は(引き分けが多いものの)特に好相性です。

 そしてリーグ戦ホームで「9勝 2分 3敗」、アウェーで「4勝 4分 6敗」と、このカードはお互いにホームで結果を出していて、2014年以降の公式戦ホームでは「4勝 1分 0敗」(日産スタジアムで開催された天皇杯の試合を含めると「5勝 1分 0敗」)と高い勝率が続いています。

 なお、前回対戦したルヴァンカップグループステージ第3節(アウェー)では、先制ゴールを奪われるも、伊藤翔の2ゴールと中町公祐のゴールにより○3-1で逆転勝利しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなります 。

 扇原貴宏が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなります 。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算246試合出場となり、野田知(93-98)を抜いてマリノス歴代単独14位となります 。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算202試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【プレーオフステージ進出が決まる条件】

   * 今年は昨年とは違って
    グループステージで1位になっても
    決勝トーナメント進出は決まらず
    グループステージの1・2位がどちらも
    プレーオフステージに進出することに

   * グループステージは残り1試合

   * 第5節終了時点で、グループAにおいて
    プレーオフ進出が決定しているチームはなく
    FC東京のみがグループステージでの敗退決定済み
    (残り3チームにプレーオフ進出の可能性あり)

   * ルヴァンカップのグループステージでは
    最終節を終わった時点で同勝ち点で2チーム以上が並んだ場合
    “グループ内全試合”の得失点・得点よりも
    “勝ち点が同一のチーム同士で行った試合”
    勝ち点・得失点・得点の方が優先され順位が決定

   * 最終節終了時にマリノスと仙台の勝ち点が並んだ場合
    この2チームが対戦した2試合のみの合計勝ち点が
    仙台「4」(1勝 1分 0敗)、マリノス「1」(0勝 1分 1敗)なので
    (得失点等は関係なく)仙台の方が上の順位となります

   * マリノスと新潟の勝ち点が並ぶ可能性はありません    

   * 最終節(第6節)のカードは
    マリノス(1位/勝ち点8) vs 新潟(3位/勝ち点7)
    FC東京(4位/勝ち点4) vs 仙台(1位/勝ち点8)

   * マリノスの
     プレーオフステージ進出(2位以内)が決定する条件
     および最終順位は以下の通り


 [ 最終節(第6節)の結果 ] ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

 マリノス○&仙台△● ・・・1位でプレーオフ進出決定
                  * プレーオフではDグループ2位(湘南か長崎)と対戦
                    (第1戦:アウェイ/第2戦:ホーム)

 マリノス○&仙台○ ・・・ 2位でプレーオフ進出決定
                 * プレーオフではDグループ1位(神戸)と対戦
                  (第1戦:ホーム/第2戦:アウェイ)                  

 マリノス△&仙台● ・・・1位でプレーオフ進出決定
                * プレーオフではDグループ2位(湘南か長崎)と対戦
                  (第1戦:アウェイ/第2戦:ホーム)

 マリノス△&仙台○△ ・・・ 2位でプレーオフ進出決定
                   * プレーオフではDグループ1位(神戸)と対戦
                    (第1戦:ホーム/第2戦:アウェイ)

 マリノス● ・・・ (東京vs仙台の結果に関わらず)
              グループリーグでの敗退(3位)決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 新潟 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス:

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)

           新潟  : 渡辺泰広(←JAPANサッカーカレッジ)
                 田口潤人(←マリノス/藤枝)
                 アレックス ムラーリャ(←フラメンゴ)
                 広瀬健太(←湘南)
                 安田理大(←釜山)
                 柳育崇(←新潟シンガポール)
                 ブルーノ メネゲウ(←長春)
                 高木善朗(←東京V)
                 坂井大将(←大分)
                 ターレス(←バスコ・ダ・ガマ)

 【ニューヒーロー賞:第1回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス:
           新潟  :

 【日本代表】  マリノス:
           新潟  :

 【U-21代表】  マリノス:
          .新潟  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .新潟  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 松原健
           新潟  : 富澤清太郎、田口潤人
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「ともに求められるのは勝利。
                横浜FMは主力投入の可能性も(Jリーグ公式サイト)


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜遠藤、ルヴァン杯1次L突破へ「活躍したい」」 (5/15)

   > 「[横浜FM]漢・栗原勇蔵が歓迎する“生死”をかけた一戦」 (5/14)


 【TV中継】 (生) 05/16(水) 18:50~  スカチャン1

        (録) 05/17(木) 08:00~  スカサカ!
            05/17(木) 18:00~  スカチャン2

            05/18(金) 08:20~  フジテレビNEXT

            05/19(土) 05:00~  スカチャン3

            05/20(日) 22:00~  スカチャン3

            05/21(月) 12:30~  スカチャン2

            05/22(火) 15:30~  スカサカ!

            05/23(水) 08:00~  スカチャン3

            05/25(金) 25:30~  スカチャン3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 新潟戦・データボックス>2018年ルヴァンカップGS第6節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:       次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:       現在読書中の本

「このミス」完全読破:       最近読み終えた本

読書メーター

  • けんじ(朴念仁と居候)さんの読書メーター
無料ブログはココログ