サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「04.マリノス関連記事」の記事

2018年10月20日 (土)

☆ G大阪戦・データボックス>2018年J1リーグ第30節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/20(土) J1リーグ 第30節・ガンバ大阪戦 (吹田S)


  ●1-2 (前半1-0、後半0-2)

  主審: 家本 政明  入場者数:26,630人

  .<得点> 1-0 仲川輝人     (横浜・前半36分/公式Youtube動画
         1-1 ファン ウィジョ  (大阪・後半26分/公式Youtube動画
         1-2 小野瀬康介   (大阪・後半41分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード 失点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>

  ・「同一カード アウェー失点」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算271試合出場となり、井原正巳(93-99)を抜いてマリノス歴代単独12位となりました。

 中町公祐が、マリノス所属時公式戦通算214試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算118試合出場となり、渡邉千真(09-11)を抜いてマリノス歴代単独43位となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算112試合出場となり、ファビオ(13-16)と並びマリノス歴代46位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 11位 (前節 10位)
         < 11勝 5分 14敗  勝点 38 得点 53 失点 51 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「好調同士の対戦はG大阪に軍配。
            破竹の6連勝を達成

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「宮本監督の采配的中!!G大阪が横浜FMに
           逆転で6連勝…両者に負傷者出るアクシデントも

 (ゲキサカ) 「ルヴァン杯決勝へ暗雲…横浜FM遠藤渓太
             「自分のケガで流れが変わってしまった」

 (ドメサカブログ) 「ガンバの勢い止まらず破竹6連勝!
             小野瀬の移籍後初ゴールで逆転勝利収める


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜ポステコグルー監督、ミスからの失点に「残念」

 (スポーツ報知) 「敵地でG大阪に1―2で逆転負け…
             負傷者出て27日ルヴァン杯決勝・湘南戦に不安も

 (サンスポ) 「横浜M指揮官、逆転負けに渋い表情
              「後半はミスから難しい展開に…」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ G大阪戦・プレビュー>2018年J1リーグ第30節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月18日 (木)

☆ G大阪戦・プレビュー>2018年J1リーグ第30節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 10/20(土) 15:00~ J1リーグ 第30節

     vs ガンバ大阪 (パナソニックスタジアム吹田)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 10位 11勝 5分 13敗 勝点 38  52得 49失 得失 +3 」
  大阪  :「 12位 10勝 6分 13敗 勝点 36  31得 39失 得失 -8 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「37勝 14分 24敗」、リーグ戦通算で「28勝 10分 16敗」と大きく勝ち越していて、「15勝 7分 6敗」とかなり相性の良いリーグ戦ホームほどではないものの、リーグ戦アウェーでも「13勝 4分 10敗」と勝ち越しています。

 なお、2016年からG大阪がホームスタジアムとして使用している吹田Sでの公式戦は、「3勝 1分 0敗」でいまだ負けなし(リーグ戦のみだと2戦全勝)。

 そして今年はリーグ戦とルヴァンカップで3戦していて、5月のリーグ戦(ホーム)は△1-1、9月のルヴァンカップ準々決勝では第1戦(アウェー)が○4-0、第2戦(ホーム)が○3-1という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に勝利すると........
   > 4試合連続“90分勝利”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 9試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)
   > 7試合連続“同一カード アウェー失点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算271試合出場となり、井原正巳(93-99)を抜いてマリノス歴代単独12位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算214試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算118試合出場となり、渡邉千真(09-11)を抜いてマリノス歴代単独43位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算112試合出場となり、ファビオ(13-16)と並びマリノス歴代46位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。


 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(93-98)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(02-06)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代17位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし 
           大阪  .: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、天野純、
                      大津祐樹、ドゥシャン

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 山田康太、久保建英
                  大阪  .: 谷晃生

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 伊藤翔、(中澤佑二)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)
            (out) 生駒仁(→富山)

      大阪  : (in) 小野瀬康介(←山口)
            (in) 渡邉千真(←神戸)

            (out) マテウス ジェズス(契約解除)
            (out) 矢島慎也(→仙台)
            (out) 泉沢仁(→東京V)
            (out) 長沢駿(→神戸)

 【日本代表】  マリノス:
           大阪  .: 東口順昭、三浦弦太

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           大阪  : 初瀬亮

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           大阪  : 谷晃生

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           大阪  .: アデミウソン、藤本淳吾、ファビオ、
                 鈴木椋大、渡邉千真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  大阪オフィシャル

 【チケット情報】  大阪オフィシャル

 【試合プレビュー】  「単なる中位対決にあらず。
               いま最も勢いに乗る両者の激突(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「天野 2度目の代表入りへ意欲「Jで結果残す」」 (10/19)
   > 「【横浜M】天野、代表復帰へ「あの中でやれる自信はある」」 (10/19)

   > 「横浜天野「結果を残し続ける」代表入りアピール誓う」 (10/18)
   > 「【J試合情報】ガンバ大阪vs横浜F・マリノス 10月20日」 (10/18)

   > 「G大阪倉田が居残り特訓「物足りなかったので」」 (10/17)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)10/20(土) 15:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ G大阪戦・データボックス>2018年J1リーグ第30節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月14日 (日)

☆ 鹿島戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準決勝第2戦(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/14(日) YBCルヴァンカップ プライムステージ
           準決勝 第2戦・鹿島アントラーズ戦 (ニッパツ)


  △2-2 (前半2-0、後半0-2)

  主審: 佐藤 隆治  入場者数:12,979人

  .<得点> 1-0 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・前半20分/公式Youtube動画
         2-0 仲川輝人      (横浜・前半34分/公式Youtube動画
         2-1 土居聖真      (鹿島・後半17分/公式Youtube動画
         2-2 セルジーニョ    .(鹿島・後半25分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算270試合出場となり、井原正巳(93-99)と並びマリノス歴代12位タイとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算117試合出場となり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代43位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算32試合出場となり、川口能活(94-01)を抜いてマリノス歴代単独19位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【決勝進出決定】


 準決勝は第1戦が○2-1、第2戦が△2-2で1勝1分となったため、決勝進出が決定しました。

 10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で行われる決勝では、準決勝で柏レイソルを下した湘南ベルマーレと対戦します。

 なお、マリノスのルヴァンカップ(ナビスコカップ)決勝進出は、優勝した2001年以来17年ぶり。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMがハラハラドキドキの末につかんだ、
            17年ぶりの決勝への切符

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「逃げ切った横浜FMが17年ぶり決勝進出!!
          猛反撃の鹿島、あと1点届かず…

 (ゲキサカ) 「「ターニングポイントを2つ作ってしまった」
              横浜FM飯倉、痛恨ミスから失点も…

 (ゲキサカ) 「「何もさせてもらえなかった相手」を突破!!
          手応えつかんだ横浜FM遠藤渓太

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが2001年以来の決勝進出!
                2点先行から追いつかれるも逃げ切る


 (スポニチ) 「横浜、執念ドローで17年ぶりV王手!決勝は神奈川ダービー

 (日刊スポーツ) 「横浜仲川が千金弾、17年ぶり決勝で「タイトルを」

 (日刊スポーツ) 「横浜17年ぶり決勝、鹿島昌子3カ月ぶり出場実らず

 (日刊スポーツ) 「横浜ポステコグルー監督、鹿島相手に「成長した」

 (日刊スポーツ) 「横浜飯倉「流れが変わったのは俺の責任」ミスを猛省

 (日刊スポーツ) 「横浜ヴィエイラ先制弾「タイトルとりたい」4戦5発

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜Mは前半猛攻も…引き分けで決勝進出

 (サンスポ) 「「あれがマリノスのサッカー」ルヴァン杯制覇見据える仲川、
          完璧な崩しでの2点目を誇る

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鹿島戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準決勝第2戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月12日 (金)

☆ 鹿島戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準決勝第2戦(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 10/14(日) 14:00~ YBCルヴァンカップ プライムステージ 準決勝 第2戦

     vs 鹿島アントラーズ (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 10位 11勝 5分 13敗 勝点 38  52得 49失 得失 +3 」
  鹿島  .:「  3位 13勝 7分  9敗 勝点 46  42得 34失 得失 +8 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鹿島はマリノスが長年苦手としている相手の一つで、公式戦通算では「27勝 10分 37敗」、リーグ戦通算では「21勝 8分 28敗」といずれも負け越し。

 ただホーム・アウェー別に見てみると、大きく負け越していて2013年以降6連敗中&5試合連続無得点中のリーグ戦アウェー(9勝 2分 17敗)に対し、リーグ戦ホームでは「12勝 6分 11敗」で現在3戦負けなし&2連勝中と相性悪くはないですね。

 なお、ニッパツ(三ツ沢)での鹿島戦は2012年のナビスコカップ予選リーグ以来6年ぶりで、この時は○3-2で逆転勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算270試合出場となり、井原正巳(93-99)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算214試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算117試合出場となり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代43位タイとなります。


 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算82試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算57試合出場となり、兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代5位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算32試合出場となり、川口能活(94-01)・中町公祐を抜いてマリノス歴代単独19位となります(中町公祐も出場した場合は19位タイのまま。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算32試合出場となり、川口能活(94-01)・飯倉大樹を抜いてマリノス歴代単独19位となります(飯倉大樹も出場した場合は19位タイのまま。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【決勝進出が決まる条件】


 [ 今回の試合の結果 ]

     ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦


  ○ ・・・ 決勝進出決定

  △ ・・・ 決勝進出決定

  ●(0-1) ・・・ 決勝進出決定(アウェーゴール差により)

  ●(1-2) ・・・ 延長戦(それでも決まらない場合はPK戦)

  ●(マリノスが2ゴール以上の1点差) ・・・ 敗退決定(アウェーゴール差により)

  ●(2点差以上) ・・・ 敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 鹿島 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: チアゴ マルチンス、松原健

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 山田康太、(久保建英)
                  鹿島  .: 三竿健斗、安部裕葵、(チョン スンヒョン)

 【前所属クラブで2018年ルヴァンカップに出場しているため
     現所属クラブでルヴァンカップに出場することは出来ず】
                 マリノス: 久保建英
                  鹿島  : チョン スンヒョン

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 伊藤翔、(中澤佑二)

 【ニューヒーロー賞:第4回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス: 遠藤渓太、山田康太、久保建英
           鹿島  :

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)
            (out) 生駒仁(→富山)

      鹿島  .: (in) チョン スンヒョン(←鳥栖)
            (in) セルジーニョ(←サントス)

            (out) 植田直通(→エクセル・ブルージュ)
            (out) ペドロ ジュニオール(→武漢卓爾)
            (out) 金崎夢生(→鳥栖)

 【日本代表】  マリノス:
           鹿島  .: 三竿健斗

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           鹿島  :

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           鹿島  : 安部裕葵

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           鹿島  .:
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「横浜FMは鹿島への警戒を緩めず。
               求められる「勝利のメンタリティー」(Jリーグ公式)」


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「過密日程戦う鹿島に打撃…DF内田篤人とMF中村充孝が全治約6週間」 (10/12)

   > 「横浜西山「顔がとてつもなく」上戸彩にメロメロ」 (10/11)
   > 「【鹿島】内田が負傷退場で離脱示唆「大事な試合が続くだけに残念」ACL準決&決勝欠場も」 (10/11)


 【TV中継】 (生) 10/14(日) 13:50~  フジテレビONE/スカサカ!

        (録) 10/14(日) 24:00~  フジテレビNEXT

            10/15(月) 11:00~  フジテレビNEXT
            10/15(月) 19:00~  スカサカ!
            10/15(月) 20:50~  フジテレビNEXT

            10/16(火) 14:30~  スカサカ!

            10/17(水) 22:00~  スカサカ!

            10/19(金) 16:30~  スカサカ!

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鹿島戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準決勝第2戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月10日 (水)

☆ 鹿島戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準決勝第1戦(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/10(水) YBCルヴァンカップ プライムステージ
           準決勝 第1戦・鹿島アントラーズ戦 (カシマ)


  ○2-1 (前半0-0、後半2-1)

  主審: 松尾 一  入場者数:8,421人

  .<得点> 1-0 天野純       .(横浜・後半32分/公式Youtube動画)
         1-1 犬飼智也     .(鹿島・後半48分/公式Youtube動画)
         2-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半50分/公式Youtube動画)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 チアゴ マルチンスが警告を受けたため、準決勝第2戦でも警告を受けると、(決勝進出が決まっても)決勝は出場停止となります。

 松原健が警告を受けたため、準決勝第2戦でも警告を受けると、(決勝進出が決まっても)決勝は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、マリノス所属時公式戦通算110試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独47位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)・中町公祐と並びマリノス歴代19位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)・飯倉大樹と並びマリノス歴代19位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【決勝進出が決まる条件】


 [ 準決勝第2戦(ホーム)の結果 ]

     ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

  ○ ・・・ 決勝進出決定

  △ ・・・ 決勝進出決定

  ●(0-1) ・・・ 決勝進出決定(アウェーゴール差により)

  ●(1-2) ・・・ 延長戦(それでも決まらない場合はPK戦)

  ●(マリノスが2ゴール以上の1点差) ・・・ 敗退決定(アウェーゴール差により)

  ●(2点差以上) ・・・ 敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「ディショナルタイムに待っていた劇的な結末。
            横浜FMがアウェイで先勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「ATに劇的展開!! アウェーゴール2発の横浜FM、
          敵地で鹿島に先勝

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが劇的幕切れでアウェー先勝!
               後半ATに追いつかれるも
                  直後に山中FKからウーゴ勝ち越し弾


 (スポニチ) 「横浜、敵地で鹿島に先勝
            天野が今季3度目FK弾でアピール

 (スポニチ) 「ルヴァン杯準決勝第1戦 横浜が先勝
          後半48分追いつかれるも50分に劇的Vゴール

 (日刊スポーツ) 「横浜が決勝へ前進、FKから2発で鬼門カシマ突破

 (日刊スポーツ) 「横浜天野「ワーストぐらいの出来」FK弾も不満足

 (日刊スポーツ) 「決勝点演出の横浜DF山中「ウーゴだからとれた」

 (スポーツ報知) 「直接FK弾の天野「鹿島は絶対に修正してくる」
             17年ぶり決勝目指し第2戦へ闘志

 (サンスポ) 「横浜Mが先勝!試合終了間際にビエイラV弾

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鹿島・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準決勝第1戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月 9日 (火)

☆ 鹿島戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準決勝第1戦(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 10/10(水) 19:00~ YBCルヴァンカップ プライムステージ 準決勝 第1戦

     vs 鹿島アントラーズ (県立カシマサッカースタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 10位 11勝 5分 13敗 勝点 38  52得 49失 得失 +3 」
  鹿島  .:「  3位 13勝 7分  9敗 勝点 46  42得 34失 得失 +8 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鹿島はマリノスが長年苦手としている相手の一つで、公式戦通算では「26勝 10分 37敗」、リーグ戦通算では「21勝 8分 28敗」といずれも負け越し。

 ホーム・アウェー別に見てみると、リーグ戦ホームでは「12勝 6分 11敗」と五分の成績なのに対し、アウェーでは「9勝 2分 17敗」と大きく負け越していて、2013年以降6連敗中&5試合連続無得点中と、近年の鹿島戦アウェーは過去最低なほどに相性悪いですね。

 ルヴァンカップ(ナビスコカップ)ではこれまで10戦して「5勝 1分 4敗」とほぼ五分の成績で、前回は2013年に準々決勝で対戦して○2-0(アウェー)/○3-1(ホーム)と連勝し準決勝進出を決めています。

 なお、マリノスが9月2週目以降は週一で公式戦を戦っているのに対し、鹿島は8月以降の多くの週で週の半ばにAFCチャンピオンズリーグ/ルヴァンカップ/天皇杯を戦う過密日程が続いていますし、マリノスは5日(金)のリーグ前節から中4日なのに対し、鹿島は7日(日)から中2日といった感じで、日程面で大きな違いがありますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算110試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独47位となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算82試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算57試合出場となり、兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代5位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 鹿島 : なし

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 山田康太、(久保建英)
                  鹿島  .: 三竿健斗、安部裕葵、(チョン スンヒョン)

 【前所属クラブで2018年ルヴァンカップに出場しているため
     現所属クラブでルヴァンカップに出場することは出来ず】
                 マリノス: 久保建英
                  鹿島  : チョン スンヒョン

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 伊藤翔、(中澤佑二)

 【ニューヒーロー賞:第3回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス: 山田康太、久保建英
           鹿島  :

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)
            (out) 生駒仁(→富山)

      鹿島  .: (in) チョン スンヒョン(←鳥栖)
            (in) セルジーニョ(←サントス)

            (out) 植田直通(→エクセル・ブルージュ)
            (out) ペドロ ジュニオール(→武漢卓爾)
            (out) 金崎夢生(→鳥栖)

 【日本代表】  マリノス:
           鹿島  .: 三竿健斗

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           鹿島  :

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           鹿島  : 安部裕葵

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           鹿島  .:
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  鹿島オフィシャル

 【チケット情報】  鹿島オフィシャル

 【試合プレビュー】  「場所の相性なら鹿島、コンディションなら横浜FM。
               利点を生かすのは?(Jリーグ公式)」


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜・天野、鬼門敵地で真価の証明へ 強敵の鹿島撃破を期す」 (10/10)
   > 「鹿島の新エース鈴木ベンチ外濃厚「体の負担大きい」」 (10/10)


 【TV中継】 (生) 10/10(水) 18:50~  フジテレビNEXT/スカサカ!

        (録) 10/10(水) 27:30~  フジテレビNEXT

            10/11(木) 11:20~  フジテレビNEXT
            10/11(木) 19:00~  スカサカ!

            10/12(金) 25:45~  スカサカ!

            10/13(土) 18:30~  スカサカ!

            10/14(日) 08:30~  スカチャン1
            10/14(日) 09:00~  フジテレビNEXT

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鹿島戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準決勝第1戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月 5日 (金)

☆ 札幌戦・データボックス>2018年J1リーグ第29節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/5(金) J1リーグ 第29節・コンサドーレ札幌戦 (日産ス)


  ○2-1 (前半2-1、後半0-0)

  主審: 東城 穣  入場者数:19,124人

  .<得点> 0-1 ジェイ        (札幌・前半21分/公式Youtube動画
         1-1 仲川輝人     .(横浜・前半24分/公式Youtube動画
         2-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・前半42分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、リーグ戦ホーム27試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「同一カード ホーム連勝」記録 > 7連勝 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「ホーム得点」記録 > 27試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「ホーム失点」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 松原健が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成しました。

 山中亮輔が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成しました。


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算115試合出場となり、小宮山尊信(06-09)を抜いてマリノス歴代単独44位となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-40)と並びマリノス歴代47位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独19位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、小村徳男(93-01)を抜いてマリノス歴代単独21位となりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム得点記録情報】


 この試合でのウーゴ ヴィエイラのゴールにより、マリノスのリーグ戦通算1350ゴールを達成しました。


  <Jリーグ得点ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 この試合を終えて、リーグ戦ホーム通算観客動員数が949万7692人となったため、11月3日(土)に行われるJ1リーグ第31節・FC東京戦(日産ス)の観客動員数が2308人以上だとホーム通算950万人動員を達成します。


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 10位 (前節 11位)
         < 11勝 5分 13敗  勝点 38 得点 52 失点 49 得失点差 +3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「決勝点はウーゴ・ヴィエイラ。
               横浜FMが3連勝で暫定9位浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「仲川&ウーゴ連発!! 3連勝の横浜FMが
            暫定9位に浮上、札幌は奇策4バック失敗

 (ゲキサカ) 「「選ばなかったことを後悔させてやろう」
          代表落選翌日に3連勝達成、天野純がACL出場圏に意欲

 (ゲキサカ) 「3連勝に手応えを口にした横浜FM飯倉
          「オフサイドにも助けられた」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが残留を大きく引き寄せる逆転勝利!
             今季初の3連勝で暫定9位に浮上


 (スポニチ) 「横浜 3連勝で残留争い一歩抜け出す
               仲川 2戦連続ゴールで攻撃けん引

 (日刊スポーツ) 「横浜、逆転初3連勝
               降格危機遠ざけた暫定9位浮上

 (スポーツ報知) 「仲川8点目&ウーゴ13点目!
             4位札幌を下し3連勝 天野「やっと報われてきた」

 (サンスポ) 「横浜M、逆転3連勝!残留争いから暫定9位浮上
          「良くなっている」指揮官も手応え

 (サンスポ) 「横浜M・山中亮輔、今季初の3連勝達成に
          「やっと勝ち癖がついてきた」

 (サンスポ) 「好調の仲川&ウーゴ・ヴィエイラが
           横浜Mをさらなる高みへ「ACLも不可能ではない」

 (サンスポ) 「横浜M・天野「選ばなかったこと後悔させてやる…」
          日本代表復帰へJでの活躍誓う

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 札幌戦・プレビュー>2018年J1リーグ第29節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年10月 4日 (木)

☆ 札幌戦・プレビュー>2018年J1リーグ第29節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 10/5(金) 19:30~ J1リーグ 第29節

     vs 北海道コンサドーレ札幌 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 11位 10勝 5分 13敗 勝点 35  50得 48失 得失 +2 」
  札幌  :「  4位 12勝 8分 .7敗 勝点 44  37得 39失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 札幌戦は、昨年まではリーグ戦通算で「11勝 1分 0敗」で負けなし、9連勝中、リーグ戦ホームは6戦全勝、リーグ戦アウェーも「5勝 1分 0敗」(4連勝中)と、あらゆる条件において最高級の相性となっていました。

 しかし今年の対戦(アウェー)では●1-2で敗れリーグ戦では初めての敗戦を喫してしまったので、これまで6戦全勝のホームで雪辱を果たしたいところですね。

 なお、(三ツ沢ではナビスコカップで2敗しているのに対し)日産スタジアムにおける公式戦での対戦は4戦全勝ですが、そのうち2試合が延長Vゴール勝ち、1試合が終盤で勝ち越しての1点差勝ち(残り1試合が○3-0で唯一の完勝)なので、“全勝”から来る印象とは違って接戦が多い傾向となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、リーグ戦ホーム27試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します。


 ★今回の試合に勝利すると........
   > 7試合“同一カード ホーム連勝”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 7試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 27試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)
   > 14試合連続“同一カード 得点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“4得点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で5得点以上だと........
   > 2試合連続“5得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 10試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 松原健が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成します。

 山中亮輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成します。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算115試合出場となり、小宮山尊信(06-09)を抜いてマリノス歴代単独44位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-40)と並びマリノス歴代47位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独19位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代19位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Jリーグ得点ファイル】を見よ!!


 この試合で2得点以上決めると、2得点目でマリノスのリーグ戦通算1350ゴールを達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 観客動員ファイル】を見よ!!


 前回のホームゲームを終えて、リーグ戦ホーム通算観客動員が947万8568人となったため、今回の試合で入場者数が2万1432人を超えるとホーム通算950万人動員を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ドゥシャン 
           札幌  .: 福森晃斗、都倉賢、宮澤裕樹

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、天野純、
                      大津祐樹、(ドゥシャン)

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 伊藤翔、(中澤佑二)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)
            (out) 生駒仁(→富山)

      札幌  .: (in)

            (out) 横山知伸(→熊本)
            (out) ジュリーニョ(→山口)
            (out) ヘイス(→新潟)

 【日本代表】  マリノス:
           札幌  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .札幌  : 三好康児

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
          .札幌  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           札幌  : 河合竜二、兵藤慎剛
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「札幌は主力3選手が出場停止。攻撃的な両者が
                    相まみえる金曜開催の一戦(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜山中「感覚合う」天野と左利きコンビで3連勝だ」 (10/5)
   > 「横浜、札幌戦へ調整 前回初黒星の雪辱へ好調DF山中が気合」 (10/5)
   > 「【札幌】開幕から28戦連続フル出場・DF進藤、チーム新記録で暫定3位だ…5日・横浜M戦」 (10/5)
   > 「【札幌】絶好調MF三好が攻撃陣けん引…5日横浜M戦」 (10/5)
   > 「森保監督、5日からU―21世代視察 横浜―札幌戦などチェック」 (10/5)

   > 「横浜松原「まだACL出場権も狙える」上位進出誓う」 (10/4)
   > 「横浜、脱・残留争いへ向け札幌戦に全力 天野は元イングランド代表・ジェイを警戒」 (10/4)
   > 「【札幌】チャナティップ、復帰戦は25歳バースデー弾決める」 (10/4)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌 10月5日」 (10/4)

   > 「横浜 5日の札幌戦前に新横浜で「キャンピングオフィス」実施」 (10/3)
   > 「札幌 ジェイ連勝誓う「自分たちのサッカーができれば勝てる」」 (10/3)
   > 「札幌河合「1日1日上げていく」試合復帰焦らず前進」 (10/3)
   > 「【札幌】河合が今季初出場へ再スタート 40日ぶり合流」 (10/3)

   > 「[横浜FM]U-19日本代表に選出された横浜FMの久保建英と山田康太。遠征前最後の試合は金曜の札幌戦」 (10/2)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)10/05(金) 19:30~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 札幌戦・データボックス>2018年J1リーグ第29節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月29日 (土)

☆ 仙台戦・データボックス>2018年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/29(土) J1リーグ 第28節・ベガルタ仙台戦 (ニッパツ)


  ○5-2 (前半2-1、後半3-1)

  主審: 山本 雄大  入場者数:8,688人

  .<得点> 1-0 山中亮輔     (横浜・前半21分/公式Youtube動画
         1-1 オウンゴール   (仙台・前半23分/公式Youtube動画
         2-1 仲川輝人     .(横浜・前半37分/公式Youtube動画
         3-1 仲川輝人     .(横浜・後半06分/公式Youtube動画
         4-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半32分/公式Youtube動画
         5-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半41分/公式Youtube動画
         5-2 ジャーメイン良   .(仙台・後半46分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、リーグ戦ホーム26試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。

 この試合で5得点以上だったため、ベガルタ仙台戦2試合連続5得点以上となり、「同一カード 連続5得点以上」のマリノス歴代新記録を達成しました。


 <記録更新>

  ・「ホーム得点」記録 > 26試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「同一カード 4得点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード 5得点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「ホーム失点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 9試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 扇原貴宏が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成しました。

 松原健が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 山中亮輔が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代44位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代48位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算214試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独11位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム得点記録情報】


 この試合で5得点したため、マリノスのリーグ戦通算1350ゴール達成まであと2ゴールとなりました。


  <Jリーグ得点ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 この試合を終えて、リーグ戦ホーム通算観客動員数が947万8568人となったため、10月5日(金)に行われるJ1リーグ第29節・北海道コンサドーレ札幌戦(日産ス)の観客動員数が2万1432人以上だとホーム通算950万人を達成します。


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 11位 (前節 12位)
         < 10勝 5分 13敗  勝点 35 得点 50 失点 48 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMが仙台に5発快勝。
               約2カ月半ぶりの連勝を飾る

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「仙台相手に2戦合計13点!!
          またも大量点の横浜FM、残留争いを一歩リード

 (ゲキサカ) 「ハーフコート突破→股抜き弾!!
          ヘディングも魅せた横浜FM仲川輝人「まだ取れる」

 (ゲキサカ) 「「もっといい選手になれる」
           横浜FM遠藤渓太が見せた『カットイン』への矜持

 (ドメサカブログ) 「横浜FMがゴールラッシュで7月以来の2連勝!
               仙台はまたも大量失点でホームの雪辱ならず


 (スポニチ) 「横浜、5発で残留へ光
            仲川、J1初のヘディング弾含む2発

 (日刊スポーツ) 「横浜2連勝で1歩抜け出す 仲川&ヴィエイラが2発

 (日刊スポーツ) 「横浜ヴィエイラが「仲いい」離脱伊藤に届ける2発

 (スポーツ報知) 「リーグ最強攻撃力で5発大勝
               残留に大きく前進 暫定11位浮上

 (スポーツ報知) 「仲川2発!ビエイラ2発!
              仙台に大勝しJ1残留へ大きく前進!

 (サンスポ) 「横浜M攻撃陣が大爆発!
          山中&仲川スーパーゴールなど、仙台に5発大勝

 (サンスポ) 「横浜M・仲川、鋭い突破と頭で2ゴール
          「まだまだ点を取らないと」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 仙台戦・プレビュー>2018年J1リーグ第28節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月27日 (木)

☆ 仙台戦・プレビュー>2018年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/29(土) 14:00~ J1リーグ 第28節

     vs ベガルタ仙台 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 12位  .9勝 5分 13敗 勝点 32  45得 46失 得失 -1 」
  仙台  :「  6位 12勝 5分 10敗 勝点 41  36得 38失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 仙台戦は、公式戦通算で「10勝 9分 11敗」、リーグ戦通算で「7勝 8分 6敗」とほぼ互角の成績です。

 ただ、仙台がJ1に再昇格した2010年以降は、初戦こそ勝利したもののその後は2014年第22節で勝利するまで8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっていましたが、2015年以降のリーグ戦は「3勝 3分 1敗」と逆に相性良くなっています。

 そしてこのカードの特徴といえば、(マリノス側から見て)リーグ戦ホームでは「1勝 4分 5敗」、アウェーでは「6勝 4分 1敗」とお互いに“ホームで弱くアウェーで強い”ことで、ホームでは初対戦で勝利して以降9試合勝ちなし、アウェーでは初対戦で敗れて以降10試合負けなしというはっきりとした戦績に。

 ただ、数は少ないとはいえ今回の舞台であるニッパツ(三ツ沢)で行われた公式戦は「2勝 1分 2敗」なので、勝ち越しているわけではないけれど日産スタジアムでの公式戦(0勝 4分 6敗)に比べれば苦手意識はないかもしれません。

 なお、今年はすでに公式戦で4度も対戦済みで、ルヴァンカップグループステージ第2節(ホーム)は△0-0、第5節(アウェー)は●2-4、リーグ第16節(アウェー)は○8-2、天皇杯4回戦(ニッパツで開催)は●2-3という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で負けか引き分けだと、仙台戦ホーム10試合連続勝ちなしとなり、「同一カード ホーム勝ちなし」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で得点すると、ホーム25試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で5得点以上だと、仙台戦2試合連続5得点以上となり、「同一カード 連続5得点以上」のマリノス歴代新記録を達成します(6・7・8得点以上でもそれぞれ新記録達成)。


 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 10試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 25試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で5得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 5得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で6得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 6得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で7得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 7得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で8得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 8得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 9試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 扇原貴宏が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成します。

 松原健が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 山中亮輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代44位タイとなります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代48位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算214試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独11位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独19位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ドゥシャン、 仙台 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、天野純、
                      大津祐樹、(ドゥシャン)

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 伊藤翔、(中澤佑二)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)
            (out) 生駒仁(→富山)

      仙台  .: (in) 矢島慎也(←G大阪)
            (in) ハーフナー マイク(←神戸)
            (in) ハモン ロペス(←柏)

            (out) 庄司悦大(→京都)
            (out) 茂木駿佑(→水戸)
            (out) 金久保順(→京都)
            (out) 西村拓真(→CSKAモスクワ)

 【日本代表】  マリノス: 天野純
           仙台  : シュミット ダニエル

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .仙台  : 板倉滉

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
          .仙台  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           仙台  : ハーフナー マイク
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「今季五度目の顔合わせ。横浜FMは
                CBとFWで先発の入れ替え(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「天野 体調は異常なし 仙台戦も先発濃厚「上目指す」」 (9/29)
   > 「仙台・シュミット、平常心でマリノス0封だ!「いつも通り」」 (9/29)

   > 「横浜に大打撃…FW伊藤が左肘骨折で全治8週間 指揮官も落胆」 (9/28)
   > 「【横浜M】伊藤、今季絶望的 左ひじ骨折全治8週間」 (9/28)
   > 「仙台野津田「決めます」トップ5入りへゴール任せろ」 (9/28)
   > 「【仙台】DF板倉&GKシュミット“代表コンビ”で雪辱!29日アウェー・横浜M戦」 (9/28)

   > 「残留争い横浜Mに打撃…伊藤翔が左肘骨折で全治8週間」 (9/27)
   > 「【仙台】横浜Mキラー、ジャーメインが闘志「またゴールを決めたい」」 (9/27)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsベガルタ仙台 9月29日」 (9/27)

   > 「仙台板倉「A代表入りたい」森保ジャパン入りへ気合」 (9/26)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)09/29(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 仙台戦・データボックス>2018年J1リーグ第28節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ