サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「02.漫画関連記事」の記事

2018年12月10日 (月)

「ニセコイ(2019年番外編)」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(3) 2019年 1/15 号 [雑誌]

集英社 2018-12-17

Amazonで詳しく見る


 週刊少年ジャンプの2019年03号(2018年12月17日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「ニセコイ」です。


 作者の古味直志(こみ・なおし)は、「ダブルアーツ」(2008年)に続く2作目の連載作品「ニセコイ」が、「鏡の国の針栖川」「パジャマな彼女。」「恋染紅葉」と毎クールのように次々と新連載が投入されるラブコメ戦国時代の中で唯一生き残り、さらにはテレビアニメ化されるなど“ジャンプのラブコメ漫画”としての地位を確立するほどの人気に。

 そんな「ニセコイ」が2016年の8月に5年に渡る連載を終えた後は、“ジャンプGIGA vol.4”に「刻どキ」「刻どキ」 古味直志 > ジャンプGIGA vol.4参照)、“本誌2016年49号”に“こち亀40周年トリビュート企画”「みんなのこち亀」「みんなのこち亀」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)を掲載。

 さらに「eの原典」を“本誌2018年06号”に掲載し(「eの原典」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、今回は実写映画公開記念として「ニセコイ」の描きおろし番外編の復活掲載となりました(その他にも“映画コラボポスター” “W主演SP対談” “映画コラボグラビア”の企画もあり)。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「古味直志」関連記事】

  > 「eの原典」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.12.25)

  > 「みんなのこち亀」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.10.31)

  > 「刻どキ」 古味直志 > ジャンプGIGA vol.4 (16.10.11)

  > 「俺コイ!! ニセコイ×俺物語!! ~Boys side~」
       古味直志×アルコ×河原和音 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.8.30)

  > 「ニセコイ」 古味直志 <JC1巻買い> (12.6.15)
  > 「ニセコイ」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.11.6)
  > 「ニセコイ」(ジャンプNEXT! 2011WINTER) (11.1.9)

  > 「ダブルアーツ」 古味直志 <JC1巻買い> (08.8.9)
  > 「ダブルアーツ」 古味直志 > 週刊少年ジャンプ新連載!  (08.3.24)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年12月 3日 (月)

「早乙女姉妹は漫画のためなら!?(出張版)」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(2) 2019年 1/8 号 [雑誌]

集英社 2018-12-10

Amazonで詳しく見る


 週刊少年ジャンプの2019年02号(2018年12月10日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「早乙女姉妹は漫画のためなら!?(さおとめしまいは・まんがのためならです。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の山本亮平(やまもと・りょうへい)は、“本誌2014年52号”から始まった「E-ROBOT」で連載デビューを飾り(11話で終了/「E-ROBOT」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、続いて“本誌2016年38号”から始まった「ラブラッシュ!」で2度目の連載(13話で終了/「ラブラッシュ!」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 その後は、2018年6月から“少年ジャンプ+(プラス)”で「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」の連載が始まり(少年ジャンプ+参照)、今回はその出張版にて「ラブラッシュ!」の最終回以来2年ぶりの本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「山本亮平」関連記事】

  > 「ラブラッシュ!」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.7.25)
  > 「LOVE RUSH」 山本亮平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5 (15.9.29)

  > 「E-ROBOT」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.11.10)
  > 「E-Robot」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.20)
  > 「E-Robot」(ジャンプNEXT! 2013 SUMMER) (13.8.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「地球防衛軍 韮沢駐屯地」 渡部開 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(2) 2019年 1/8 号 [雑誌]

集英社 2018-12-10

Amazonで詳しく見る


 週刊少年ジャンプの2019年02号(2018年12月10日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「地球防衛軍 韮沢駐屯地(ちきゅうぼうえいぐん・にらさわちゅうとんちです。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の渡部開(わたなべ・ひらく)は、「RE QUEST」で“JUMPトレジャー新人漫画(2014年5月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月27日 (火)

「ドラコニル」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(1) 2019年 1/1 号 [雑誌]

集英社 2018-12-03

Amazonで詳しく見る


 週刊少年ジャンプの2019年01号(2018年12月3日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「ドラコニル」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の小野玄暉(おの・げんき)は、「恋に咲けミコト」で“JUMPトレジャー新人漫画(2011年10月期)”の佳作を受賞し(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)、続いてスマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に「心の中の銃切剣」を配信掲載。

 その後は、「ドブの吸鬼」を“ジャンプNEXT! 2014 WINTER”に掲載して誌面デビューを果たすと(「ドブの吸鬼」 小野玄暉 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER参照)、「赤毛のアチョー!!」を“本誌2015年16号”に(「赤毛のアチョー!!」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「遥か彼方」を“ジャンプGIGA vol.2”に掲載(「遥か彼方」 小野玄暉 > ジャンプGIGA vol.2参照)。

 そして“本誌2017年47号”から始まった「フルドライブ」で連載デビューを果たし(16週で終了/「フルドライブ」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、本作にて連載最終回以来の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

動き出す、 竜と魔法の物語。

☆『フルドライブ』の小野玄暉先生最新作!!
      現代魔力バトル読切センターカラー49P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「小野玄暉」関連記事】

  > 「フルドライブ」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)

  > 「遥か彼方」 小野玄暉 > ジャンプGIGA vol.2 (16.7.23)

  > 「赤毛のアチョー!!」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.3.9)

  > 「ドブの吸鬼」 小野玄暉 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER (13.12.3)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月26日 (月)

「極丁ヒグマ」 帆上夏希 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 2018年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第3弾”が、2019年03号(2018年12月17日〈月〉発売)からスタートの「極丁ヒグマ(ごくてい・ヒグマ)です。


 作者の帆上夏希(ほがみ・なつき)は、「ムーン・ストライク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の最終候補となった後、「火久摩の手」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年2月期)”の審査員「附田祐斗先生」特別賞を受賞。

 続いて、「ユアガーディアン」を“ジャンプGIGA vol.1(2016年)”に掲載してデビューを果たし(「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1参照)、「火久摩の手」を“ジャンプX(クロス)”に掲載(「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス)参照)

 さらに、リニューアル版「火久摩の手」を“ジャンプGIGA 2017(vol.1~4)”で連載し(「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載!参照)、本作にて本誌初登場&本誌での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年12月の新連載」関連記事】

  > 「チェンソーマン」 藤本タツキ (18.11.26)

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 (18.11.26)

  > 「極丁ヒグマ」 帆上夏希 (18.11.26)


 【「帆上夏希」関連記事】

  > 「極丁ヒグマ」 帆上夏希 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.11.26)

  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.7)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス) (16.12.21)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.11)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


週刊少年ジャンプ(2) 2019年 1/8 号 [雑誌]

集英社 2018-12-10

Amazonで詳しく見る


 2018年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2019年02号(2018年12月10日〈月〉発売)からスタートの「ne0;lation(ネオレイション)です。


 原作担当の平尾友秀(ひらお・ともひで)は、「あくゆう!」を“ジャンプNEXT! 2011SPRING”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2011SPRING」参照)。

 続いて「ZOMBIE SMILE」を“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」参照)、「TOTEM」を“本誌2013年50号”に掲載して本誌デビュー(「TOTEM」 平尾友秀 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。


 漫画担当の依田瑞稀(よだ・みずき)は、東京デザイナー学院マンガ科出身で、在学中に「公式ネーム」で“第1回 ガリョキンP〈フェニックス〉(2014年)”の努力賞を受賞。

 続いて「地獄の沙汰も龍次第」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年1月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作「地獄の沙汰も龍次第」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.3”に掲載してデビュー(「地獄の沙汰も龍次第」 依田瑞稀 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3参照)。


 ここまで単独で作品を発表して来たこの2人が、原作・漫画担当に分かれコンビを組んで“第11回 ジャンプ金未来杯”エントリー作品として「Legacy」を“本誌2016年40号”に掲載し(「Legacy」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、さらに「neO -ネオ-」を“ジャンプGIGA 2018 SUMMER(vol.1~3)”で連載(「neO -ネオ-」 平尾友秀 依田瑞樹 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載!参照)。

 そしてGIGA連載作品を基にした本作にて2人共に本誌での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年12月の新連載」関連記事】

  > 「チェンソーマン」 藤本タツキ (18.11.26)

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 (18.11.26)

  > 「極丁ヒグマ」 帆上夏希 (18.11.26)


 【「平尾友秀」関連記事】

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.11.26)

  > 「neO -ネオ-」 平尾友秀 依田瑞樹
      > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載! (18.5.13)

  > 「Legacy」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.29)

  > 「TOTEM」 平尾友秀 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.11.2)

  > 「ZOMBIE SMILE」(ジャンプNEXT! 2012 WINTER) (11.12.26)

  > 「あくゆう!」(ジャンプNEXT! 2011 SPRING) (11.4.30)


 【「依田瑞稀」関連記事】

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.11.26)

  > 「neO -ネオ-」 平尾友秀 依田瑞樹
      > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載! (18.5.13)

  > 「Legacy」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.29)

  > 「地獄の沙汰も龍次第」 依田瑞稀 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「チェンソーマン」 藤本タツキ > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


週刊少年ジャンプ(1) 2019年 1/1 号 [雑誌]

集英社 2018-12-03

Amazonで詳しく見る


 2018年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2019年01号(2018年12月3日〈月〉発売)からスタートの「チェンソーマン」です。


 作者の藤本タツキ(ふじもと・タツキ)は、東北芸術工科大学美術科洋画コース出身で、「佐々木くんが銃弾をとめた」で“第5回 クラウン新人漫画賞”の審査員特別賞(クラウン新人漫画賞 第5回 結果発表参照)、「恋は盲目」で“第9回 クラウン新人漫画賞”の佳作を受賞し(クラウン新人漫画賞 第9回 結果発表参照)、佳作受賞作を“ジャンプSQ.19 Vol.13(2014年)”に掲載してデビュー。

 続いて、“ジャンプSQ.”や“ジャンプSQ.19”に読切を掲載し、さらに2016年4月から“少年ジャンプ+”で「ファイアパンチ」の連載を始めると、WEB配信作品ながら熱狂的な人気と高い評価を得て、好評のうちの2018年1月1日に連載終了。

 連載終了後は、「妹の姉」を“ジャンプSQ.(2018年6月号)”に掲載し、本作にてジャンプ本誌初登場&誌面での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年12月の新連載」関連記事】

  > 「チェンソーマン」 藤本タツキ (18.11.26)

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 (18.11.26)

  > 「極丁ヒグマ」 帆上夏希 (18.11.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月12日 (月)

「忘レ者探偵」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(51) 2018年 12/3 号 [雑誌]

集英社 2018-11-19


 週刊少年ジャンプの2018年51号(11月19日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「忘レ者探偵(わすれもの・たんてい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の屋宜知宏(やぎ・ともひろ)は、東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程出身で、“本誌2014年01号”から始まった「アイアンナイト」で連載デビュー(16話で終了/「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 続いて、“本誌2016年39号”から始まった「レッドスプライト」で2度目の連載を果たし(13話で終了/「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、本作にて連載終了以来2年ぶりの作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「屋宜知宏」関連記事】

  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.7.25)
  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.15)

  > 「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.11.25)
  > 「アイアンナイト」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.28)

  > 「IRON CURTAIN」(ジャンプNEXT! 2012WINTER) (11.12.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月 5日 (月)

「持ちこみのすすめ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(50) 2018年 11/26 号 [雑誌]

集英社 2018-11-12


 “レジェンド作家が振り返る!! 新人時代エピソード”の第3弾として週刊少年ジャンプの2018年50号(11月12日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「持ちこみのすすめ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の藤巻忠俊(ふじまき・ただとし)は、連載デビュー作「黒子のバスケ」が“本誌2009年02号”から始まると(「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、テレビアニメ化されるほどの人気作となり、2014年40号にて7年に渡る連載が終了。

 続いて2度目の連載作「ROBOT×LASERBEAM」が“本誌2017年16号”から始まると(「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、“本誌2018年30号”で連載は終了し、本作にて連載最終回以来の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「レジェンド作家が振り返る!! 新人時代エピソード」関連記事】

  > 「初めての持ち込み」 島袋光年 (18.10.6)

  > 「編集者なんてろくなもんじゃない!」 松井優征 (18.10.22)

  > 「持ちこみのすすめ」 藤巻忠俊 (18.11.5)


 【「藤巻忠俊」関連記事】

  > 「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.2.1)

  > 「前衛のアーチャー」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.21)

  > 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」
      川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.11.2)

  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 <JC1巻買い> (09.4.6)
  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.12.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年10月29日 (月)

「私のヒーローアカデミア(48号版)」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(48) 2018年 11/12 号 [雑誌]

集英社 2018-10-29


 週刊少年ジャンプの2018年48号(10月29日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「私のヒーローアカデミア」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のあきやま陽光(あきやま・ようこう)は、読切版「さぐりさん探検隊」を“少年ジャンプ+(2017年1月)”に掲載すると(少年ジャンプ+参照)、その読切を基にした「さぐりちゃん探検隊」が“少年ジャンプ+”で2017年7月から始まり(少年ジャンプ+参照)、現在も好評連載中です。

 そしてジャンプ本誌では、「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)のスピンオフ4コマ漫画「私のヒーローアカデミア」を“本誌2018年30号”に(「私のヒーローアカデミア(30号版)」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「僕のヒーローアカデミア」劇場版公開記念の公式スピンオフ漫画「きっと誰もが誰かのヒーロー」を“本誌2018年35号“に掲載(「きっと誰もが誰かのヒーロー」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらに「私のヒーローアカデミア」を再び“本誌2018年45号”(「私のヒーローアカデミア(45号版)」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)と“本誌2018年46号”に2週連続で掲載し(「私のヒーローアカデミア(46号版)」 あきやま陽光 >> 週刊少年ジャンプ読切!参照)、今回は4度目(10月だけで3度目)の「私のヒーローアカデミア」掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「あきやま陽光」関連記事】

  > 「私のヒーローアカデミア(46号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.10.15)

  > 「私のヒーローアカデミア(45号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.10.07)

  > 「きっと誰もが誰かのヒーロー」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.07.24)

  > 「私のヒーローアカデミア(30号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.06.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ