サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

カテゴリー「02.漫画関連記事」の記事

2019年12月13日 (金)

「出久&爆豪:ライジング」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2020年03号(2019年12月16日〈月〉発売)と04・05合併号(2019年12月21日〈土〉発売)に2週連続で掲載の読切作品が、「出久&爆豪:ライジング(デク・アンド・ばくごう・ライジングです。


 作者のあきやま陽光(あきやま・ようこう)は、“少年ジャンプ+”にて2017年7月から2019年1月まで「さぐりちゃん探検隊」を連載(少年ジャンプ+参照)。

 その連載中である“本誌2018年30号”に「僕のヒーローアカデミア(以下「ヒロアカ」(堀越耕平)のスピンオフ4コマ漫画「私のヒーローアカデミア」を掲載して本誌初登場を果たすと(「私のヒーローアカデミア(30号版)」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「私のヒーローアカデミア」はその後も本誌やジャンプGIGAに何度か掲載され、さらには劇場版公開記念の公式スピンオフ漫画「きっと誰もが誰かのヒーロー」を“本誌2018年35号“に掲載するなど(「きっと誰もが誰かのヒーロー」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「ヒロアカ」のスピンオフ作品を数多く発表しています。

 今年に入ると、“本誌2019年11号”で行われたオムニバス企画“Jラブコメ祭り!”に「右隣の右京さん」で参加したのに続き、“最強ジャンプ2019年9月号”から「ヒロアカ」連載5周年記念突破記念企画として新たな公式スピンオフ漫画「僕のヒーローアカデミア チームアップミッション」の連載が始まり、その出張版を“本誌2019年46号”に掲載(「僕のヒーローアカデミア チームアップミッション(本誌出張版)」 >あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして今回は、劇場版「ヒロアカ」公開記念として、出久と爆豪の過去エピソードを描いた「ヒロアカ」特別スピンオフを前編と後編に分けて2週連続で掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「あきやま陽光」関連記事】

  > 「僕のヒーローアカデミア チームアップミッション(本誌出張版)」
      あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.10.12)

  > 「私のヒーローアカデミア(46号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.10.15)

  > 「私のヒーローアカデミア(45号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.10.07)

  > 「きっと誰もが誰かのヒーロー」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.07.24)

  > 「私のヒーローアカデミア(30号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.06.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年12月12日 (木)

「綺羅星のメリル」 川口勇貴 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2020年03号(2019年12月16日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「綺羅星のメリル(きらぼしの・メリルです。


 作者の川口勇貴(かわぐち・ゆうき)は、「スケルトン・ボルト」で“第1回(2017年4月期)JUMP新世界漫画賞”の準入選&超新星賞を受賞し、その受賞作を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1”に掲載してデビュー(「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1参照)。

 続いて、「荒野の悪魔」を“ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.2”に掲載し(「荒野の悪魔」 川口勇貴 > ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.2参照)、“本誌2019年42号”で行われたオムニバス企画“Jラブコメ祭り!”に「ふれないふたり」で参加。

 そして本作にて(オムニバス企画参加作品ではない単独作品としては)本誌初登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「川口勇貴」関連記事】

  > 「荒野の悪魔」 川口勇貴 > ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.2 (19.1.24)

  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.23)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年12月 1日 (日)

「忘却バッテリー(本誌出張版)」 みかわ絵子 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2020年01号(2019年12月2日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「忘却バッテリー(ぼうきゃく・バッテリーです。


 作者のみかわ絵子(みかわ・えこ)は、2014年に「red hospice」で“アフタヌーン四季賞(2014年夏)”の準入選、「36歳の女子高生」で“第65回ちばてつや賞”の大賞を受賞し(WEBコミック「モアイ」参照)、受賞作「36歳の女子高生」を“モーニング(2014年29号)”に掲載してデビュー。

 その後は、2016年に“good!アフタヌーン”で「ブタイゼミ」を連載するなどして(WEBコミック「モアイ」参照)、2017年には“少年ジャンプ+(プラス)”に「SF男女物語」を配信掲載(少年ジャンプ+参照)。

 そして「忘却バッテリー」が2018年4月から“少年ジャンプ+(プラス)”で始まり現在も連載中で(少年ジャンプ+参照)、今回その出張版が掲載されたことで本誌初登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年11月25日 (月)

「AGRAVITY BOYS」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ新連載!

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 2019年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2020年02号(2019年12月9日〈月〉発売)からスタートの「AGRAVITY BOYS(アグラビティ・ボーイズ)です。


 作者の中村充志(なかむら・あつし)は、「ニュルンベルクの川下り」で“ストキン炎ネーム部門(第2回)”の最終候補となり、「代打中島」を“赤マルジャンプ2009 SUMMER”に掲載しデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009 SUMMER」参照)。

 さらに「マトリトワーク」を“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に掲載したのに続き(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SPRING」参照)、「クロクロク」を“本誌2013年4・5合併号”に掲載して本誌デビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「クロクロク」 中村充志参照)、その「クロクロク」が“本誌2013年35号”から始まり連載デビュー(17話で終了/「クロクロク」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 連載終了後は、「ケンパトリック」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.1”に掲載し(「ケンパトリック」 中村充志 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1参照)、2018年8月には「ジェナダイバージョン3to1」を“少年ジャンプ+(プラス)”に配信掲載(少年ジャンプ+参照)。

 そして本作にて2度目の連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年12月の新連載」関連記事】

  > 「ZIPMAN!!」 芝田優作 (19.11.25)

  > 「AGRAVITY BOYS」 中村充志 (19.11.25)


 【「中村充志」関連記事】

  > 「ケンパトリック」 中村充志 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.6)

  > 「クロクロク」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.7.26)
  > 「クロクロク」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.12.21)

  > 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 <JC1巻買い> (12.6.26)

  > 「マトリトワーク」(ジャンプNEXT! 2012 SPRING) (12.4.28)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 <JC1巻買い> (10.8.6)

  > 「LOCK ON!」 土田健太 <JC1巻買い> (10.6.7)

  > 「代打中島」(赤マルジャンプ2009 SUMMER) (09.8.19)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「ZIPMAN!!」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載!


 2019年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2020年01号(2019年12月2日〈月〉発売)からスタートの「ZIPMAN!!(ジップマン)です。


 作者の芝田優作(しばた・ゆうさく)は、「ARMORED-アーマード-」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2009年2月期)”の準入選を受賞し、その受賞作を“赤マルジャンプ2009 SUMMER”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009 SUMMER」参照)。

 しかし、その約1ヶ月前に発売された“本誌2009年35号”にJ金未来杯エントリー作品として「明治百機八匣譚DENGI」を掲載したので、こちらがデビュー作に(週刊少年ジャンプ読切! 「明治百機八匣譚DENGI」 芝田優作参照)。

 その後は、「ENMA GAVEL」を“本誌2011年09号”に(週刊少年ジャンプ読切! 「ENMA GAVEL」 芝田優作参照)、「ヨアケモノ」を“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)、「ヨアケモノ」が“本誌2014年34号”から始まり連載デビュー(16話で終了/「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)

 連載終了後は、「ZIPPO!!」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.4”に掲載し(「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4参照)、“ジャンプGIGA vol.1~4(2016年)”で「花侍のサハラ」を連載(全4話/「花侍のサハラ」 芝田優作 > ジャンプGIGA新連載!参照)。

 そして本作にて本誌では2度目の連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年12月の新連載」関連記事】

  > 「ZIPMAN!!」 芝田優作 (19.11.25)

  > 「AGRAVITY BOYS」 中村充志 (19.11.25)


 【「芝田優作」関連記事】

  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.2)

  > 「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.3)

  > 「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.6.30)
  > 「ヨアケモノ」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ENMA GAVEL」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.30)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 <JC1巻買い> (10.8.6)

  > 「ARMORED」(赤マルジャンプ2009 SUMMER) (09.8.19)

  > 「明治百機八匣譚DENGI」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ読切!  (09.7.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年11月11日 (月)

「聖剣の勇者の護衛」 みたらし三大 > 週刊少年ジャンプ読切!

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 “ジャンプ、秋味。異才吹きさぶ特別読切2連弾”の第2弾として週刊少年ジャンプの2019年52号(11月25日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「聖剣の勇者の護衛(せいけんの・ゆうしゃの・ごえい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のみたらし三大(みたらし・さんた)は、、「災害少女」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1”に掲載してデビュー(「災害少女」 みたらし三大 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1参照)。

 続いて、2019年1月に「探偵は不在です。」を“少年ジャンプ+(プラス)”に掲載し(少年ジャンプ+参照)、本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「みたらし三大」関連記事】

  > 「聖剣の勇者の護衛」 みたらし三大 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.11.11)

  > 「災害少女」 みたらし三大 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.12.3)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年11月 5日 (火)

「誓約の紅」 かかずかず > 週刊少年ジャンプ読切!

 “ジャンプ、秋味。異才吹きさぶ特別読切2連弾”の第1弾として週刊少年ジャンプの2019年50号(11月11日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「誓約の紅(せいやくの・あか)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のかかず・かずは、新人漫画賞の受賞歴は“目立ったものはない”そうで(“ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1”の自己紹介欄参照)、“カカズカズ”名義にて漫画担当として「ヤシロ」(原作・渡邉たろう)を“ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1~3”で連載してデビュー(全3話 / 「ヤシロ」 渡邉たろう カカズカズ > ジャンプGIGA 2019 WINTER 新連載!参照)。

 そして本作にて単独作品初掲載&本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆ジャンプ、秋味。異才吹きさぶ特別読切2連弾第1弾、
   なずむ甘き血の センターカラー49ページ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「かかずかず(カカズカズ)」関連記事】

  > 「ヤシロ」 渡邉たろう カカズカズ
         > ジャンプGIGA 2019 WINTER 新連載! (18.12.16)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月29日 (火)

「魔都精兵のスレイブ(本誌出張版)」 タカヒロ 竹村洋平 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年49号(11月2日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「魔都精兵のスレイブ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当のタカヒロは、PCゲームのシナリオやアニメの脚本・シリーズ構成などを手掛けていて、漫画の原作担当としては“月刊ガンガンJOKER”で「アカメが斬る!」(2010-2017年/作画・田代哲也)、“月刊ビッグガンガン”で「アカメが斬る!零」(2013-2019年/作画・戸流ケイ)、“月刊ビッグガンガン”で「ヒノワが征く!」(2017年~/作画・strelka)を連載。

 漫画担当の竹村洋平(たけむら・ようへい)は、「メグ・ライアンの君」で“手塚賞(2007年下半期)”の準入選を受賞し、その後は“ジャンプスクエア”で「パパのいうことを聞きなさい!」(2011-2012年/作画担当/原作・松智洋)、「ナイトメア・ファンク」(2014-2015年)などを連載。

 そしてこの2人がコンビを組んだ「魔都精兵のスレイブ」の連載が2019年1月から“少年ジャンプ+(プラス)”で始まり(少年ジャンプ+参照)、今回その出張版が掲載されたことで2人共に本誌初登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月28日 (月)

「しろすぎ!アクノソシキ」 畠山達也 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年49号(11月2日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「しろすぎ!アクノソシキ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の畠山達也(はたけやま・たつや)は、「マフラーマン」「ガスマスクガール」「シチガツ」といったコンビを組んでいたお笑い芸人(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)で、ガスマスクガール時代には“ABCお笑い新人グランプリ”での審査員特別賞受賞や“M-1グランプリ”準決勝進出の実績あり。

 2015年5月にシチガツが解散した後はピン芸人として活動し、その期間には「マジシャン奇術無仕掛の事件簿」で“赤塚賞(2015年下半期)”の佳作を受賞して、2016年6月に吉本興業を退社。

 その後は、「凡太は普通に生きている」を“ジャンプGIGA vol.4”に掲載して漫画家デビューを果たし(「凡太は普通に生きている」 畠山達也 > ジャンプGIGA vol.4参照)、“本誌2019年06・07合併号”で行われたオムニバス企画“新春!新鋭ショートギャグ頂上決戦!!”の中の一作として「主人公(になりたい)!脇役くん」を、“本誌2019年46号”で行われたオムニバス企画“Jギャグ祭り!!”の中の一作として「判断に時間を要する!キメレン仮面」を掲載。

 そして本作にて(オムニバス企画参加作品を除けば)本誌デビューとなりました


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「畠山達也」関連記事】

  > 「凡太は普通に生きている」 畠山達也 > ジャンプGIGA vol.4 (16.10.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月24日 (木)

「Dr.STONE reboot:百夜」 稲垣理一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ外伝連載!

 週刊少年ジャンプの2019年48号(10月28日〈月〉発売)からスタートの外伝連載作品が、「Dr.STONE reboot:百夜(ドクターストーン・リブート・びゃくや)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「Dr.STONE」は、本誌で「アイシールド21」(原作担当/作画:村田雄介)を連載した稲垣理一郎と、“ヤングキング”や“週刊ヤングマガジン”など青年誌で多くの連載作を生み出して来た韓国出身のBoichiが、それぞれ原作・作画担当としてコンビを組み、“本誌2017年14号”から始まった連載作品で、テレビアニメ化されるほどの人気を得て現在も好評連載中です。

 そして今回は、“原作:稲垣理一郎・Boichi、ストーリー・漫画:Boichi”というクレジットで(実際には原作も作画もBoichiが担当し、稲垣理一郎は監修の役割となるようです/稲垣理一郎のTwitter参照)、「Dr.STONE」の外伝が本編と同時に連載されることに(全9話予定/稲垣理一郎のTwitter参照))。

 なお、本編と外伝が同時に連載されるのはジャンプ史上初とのことです。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「稲垣理一郎」関連記事】

  > 「Dr.STONE」 稲垣理一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.1.31)

  > 「KIBA&KIBA」 稲垣理一郎 彭傑 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.6.28)


 【「Boichi」関連記事】

  > 「ロロノア・ゾロ、海に散る」 尾田栄一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ読切! (19.7.13)

  > 「Dr.STONE」 稲垣理一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.1.31)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

より以前の記事一覧

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ